FC2ブログ
UEFAチャンピオンズリーグ
インテルミラノVSシャルケ04
2     -     5



すごい試合というよりも酷い試合という感想しか無い。  

本当にすごいと思った攻防って、開始30秒くらいで決まったインテルの1点目のみ。
インテルのミリートが完全に裏を取った飛び出しにシャルケのキーパーの
ノイアーがすごい飛び出しでボールをセンターサークル付近までクリアして
インテルの決定機を防いだと思ったら、その直後にセンターサークル付近から
スタンコビッチがボレーシュート打って点が決まったという場面。





キーパーが100点の飛び出しで防いだのに120点のシュートで点を決めるという
この場面だけはすごいと思った。






だけど、そこから先はヒデェー試合としか思えんかった。







簡単に裏を取られるシャルケの守備VSサイドがスカスカでクロスを
上げられまくるインテルの守備という感じで、どちらの守備が
決壊するまで我慢するかのチキンレースみたいだった。






どっちの守備も結構酷かったんだが、特にインテルの守備が酷過ぎる。
シャルケに好きなようにサイドでクロスを上げられまくって中で
競り負けるっていう。
最後のほうで体を寄せていたからなんとかなっていたが、
それでもちょっとコースが良ければ決まってそうなものばかり。





結果、先に2点は取ったが守備が先に決壊したのがインテルだった。





勝負を分けたのは武器の多さと体力。
インテルはサイドを使うという概念がなく裏を取るしか点を取れそうな感じが
しなかったが、シャルケはサイドを有効に使えていたので中央がだんだんと
開いてきて、そこをシャルケは上手く使っていた。





あとは体力。
シャルケが前半ものすごい飛ばしてて、後半ヤベェんじゃねえのと
思っていたら先にインテルがバテた。





運動量も無くなって中と外のスペースを好き勝手使われれば
そりゃ点を取られるわな。






しかも、シャルケは時間と共に守備の修正が出来ていたが、インテルはまったく
修正が出来ていなかった。
はっきりいってキヴが退場したのは運が悪いんじゃなくて必然だと思う。
インテルってやたらとセンターバックの選手がカードをもらうが、
後手後手に回らざるをえない守備しかできないならそうなるわ。





インテルから5点取ったシャルケがすごいというよりも、5点取られた
インテルが酷いといったほうが正しい評価だと思う。





さて、この試合の内田と長友について。






シャルケがサイドを好き勝手使えていたということはもちろん内田も大活躍。
守備はもちろんのこと、サイドバックなのに起点となるゲームメイクの
パス出しをしながら何度もサイドをえぐってクロスを上げ、
内田のいるサイドは完全に主導権を取っていた。






はっきりいって縦横無尽の活躍。
書くと簡単に見えるけど、これをすごいペースと運動量でやっていたからね。
守備でちょっと不味い所もあったがプレーの内容があまりにも酷いインテルとはいえ、
ネームバリューのある相手にあのプレーが出来ればヨーロッパでの評価も上がるだろうな。





長友について。
後半の残り15分くらいに長友が入ってようやくインテルに左サイドという
概念ができた感じ。
少なくとも左サイドの守備に関しては格段に安定した。
ただ、攻撃に関しては長友がボールを欲しいというタイミングの時の
ポジショニングがものすごく悪い。あれじゃパスは出しにくい。





なんていうかな、レオナルドのサッカーと長友って絶望的に
合ってない気がするんだよな・・・。
言葉は矛盾するかも知れないがもっと細かく指示する監督のほうが
伸び伸びできる気がするんだが。





それにしてもインテルは次に4-0で勝たないと突破は無理か・・・。
今のままの内容のサッカーしかできないなら確実に無理だな。





日本サッカー協会 オフィシャルショップ
東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチグッズオークション
2011年04月11日まで








人気ブログランキングへ
関連記事
04/06|長友佑都コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント