FC2ブログ
インテルVSローマ。
当初の予想通り、左サイドバックには長友佑都ではなく
サネッティがスタメン。
インテルVSローマ。
当初の予想通り、左サイドバックには長友佑都ではなく
サネッティがスタメン。



というかサネッティ凄すぎ。
なんで37歳の選手が左サイドバックとボランチやって
90分あのプレーが出来るのか。



ただスピードはなかったし、オーバーラップも何度かしていたんだけど、
あまり有効な攻撃とはなっていなかった。



まあ、彼が左サイドバックに入る場合は守備専門って感じか。



さて、長友はローマに退場者が出て10人になり、4-1でインテルの勝利が
ほぼ確実視された、後半残り十五分近くにスナイデルに代わり登場。



この時、セットプレーの前だったので、この交代で多少マークがバタバタ
したのは否めない。フリーキックから失点し4-2とされる。



長友が出てきてくれて嬉しかったけどセットプレーが
終わってから入れるべきだったな。



その後また、ローマのセットプレーからまたも失点。



観ていて長友が入った後の2失点だったためハラハラドキドキっていう
レベルではなかったがその後、インテルがまた1点を取りローマを突き放して
長友のインテルデビュー戦はなんとか勝利で締めくくることが出来た。



入った長友はよくも悪くもインパクトがあった。



良い方でいえば完全に攻撃でインテルの起爆剤になっていた。



観てるとインテルの左サイドというのはマイコンがいる
攻撃的な右サイドに比べて、守備は安定はしているが
エトーのアタック以外は攻撃的にゆったりしていて
物足りないサイドという感じがした。



それが長友が投入されてからというもの
ガンガン攻撃するサイドになった。



しかもさすがインテル、司令塔タイプはスナイデル以外は
たいしていないのに、それ以外の選手であってもいいパスが
ドンドン来るので長友のスピードが生きる。



あんなにサイドの深くをえぐりまくる長友なんて
日本代表ですらあんまり観なかったのに。



あの試合では長友一番早い選手に見えたと言っても過言ではない。



悪かったところ。



ビルドアップが怖いなぁ・・・。この面に関しては少しチームから
浮いていた印象はある。



ああいうバタバタしたパス回しばかりをしているとプレッシャーの
激しいチームと戦った場合、プレスの的にされれそうだ。



ただ、長友が案外チームに馴染めていたためか、
結構フォローもあったかな。



特にカンビアッソなんかはビルドアップでもディフェンスの時でも
長友に細かい指示を出して修正させていたのが印象的ではあった。



とはいえ長友佑都のインテルデビュー戦としてはまずまずだったと思う。
現地の評判もそこそこいいようだ。



とはいえ、今回の結果を見て、次は長友がスタメンか?と
思うのは時期早々だと思う。



やっぱり見ていると選手間では馴染んでいるようだが
戦術的にはチームに馴染んでいない。



長友も試合後のインタビューでまだ2回ぐらいしか全体練習が
出来ていないと答えているのでさすがに今回のローマ戦で
スタメンデビューは厳しかったし、次回の試合も難しそうだ。



そもそも、イタリアのクラブは戦術の約束事が多いので個人技で
いける攻撃的な選手ならまだしも、守備の約束事が多いDFの選手だと
すぐにスタメンというのはやっぱり難しい。



今回、そこそこ出来たのでスタメンデビューを
期待している人は多いと思う。
ただ、あと何試合かぐらい今回の形で試合に出て様子見て、
1ヶ月くらいでどこかの試合でスタメンで出れそうな感じはする。



チャンスはありそうなのであと少し期待して待っていましょう。











人気ブログランキングへ
関連記事
02/07|長友佑都コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント