FC2ブログ
ヴィッセル神戸02VS00鹿島アントラーズ


今日の神戸は本気だった。



何で本気だったとかと確信したかというと、
イニエスタが本気でボールを狩りにいっていた。


普段からJリーグの神戸を観ていればわかるが、
いつもイニエスタは守備時にあんなにボールに行かない。


ボールホルダーに寄せは行くものの、あくまで
コースを限定する守備。


今日のイニエスタがあそこまでボールを取りに行く守備を
するとは思わなかった。


得点シーンはオウンゴールと藤本のゴールだったのだが、
すべて藤本が関与しており、さすがはストライカーという詰め方。


正直言ってああいうのは努力で何とかできるレベルを超えている。
ああいうのをストライカーの才能というのだろうなとは思った。


翻って鹿島からの視点で見てみると、
あっけない形で失点したなと。


確かに崩されてはいたが、少しの処理のミスが
勝負を分けてしまった。


ああいう形になるというのは1シーズンの
疲労が出て最後の足の伸びが出ないという
典型的な形。


前半の鹿島はプレスに行けども、
上手くはまらず。


厳密に言えばDFラインまでは行けていたのだが
神戸はGKの飯倉を上手く使ってプレスから逃れ
ていた。
こうすると鹿島は詰めども神戸はGKを使って逆サイドに
逃れてしまう。


後半、鹿島は3バックにしてミラーゲームにして活路を
見出し、プレスも上手くはまるようになり、
実際にチャンスを作れていたが、今度は神戸の
守備に対する集中力がすごかった。


正直言っていつ崩れてもおかしくない場面を
作られていたが体を張ってゴール割らせず。


最後の方でイニエスタが交代したが、
恐ろしいボールのキープをしていた。


しかし球離れが悪く、ボールの奪われどころになっていた。
おそらく負傷をしていたのであろう。パスを出す脚力は
残ってなかったのだろうなと思われる。


それほどの状態にも関わらず、必死のキープで
ファウルを貰ってボールを保持し時間を費やしたイニエスタ。


対する鹿島にはそれに相対する気迫を感じなかった。
きれいなサッカーをしていたと思うが。


勝利したい優勝したいという思いが強いチームが
勝った試合だったといえる。


ヴィッセル神戸に関わる皆様、
初タイトルおめでとうございます。
関連記事

01/01|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント