FC2ブログ
川崎フロンターレ01VS04横浜Fマリノス



この試合のマリノスは序盤から相手ボール保持時には
しっかり前からプレッシャーをかけ、川崎のパスワークを
寸断。


マリノスのボール保持時にはパスを回し、サイドからドリブルで切り込み、
時には裏をしっかりと狙うという多彩な攻撃を繰り出し常に先手を取り、
川崎は後手後手に回り左サイドが破られ失点。


その後も仲川とマテウスの両サイドの突破に手を焼き続け、サイドを押さえれば
サイドバックが中に入り空いた川崎の中央の守備のところにボールを通してつかわれるという
悪循環。


後半、マリノスの運動量が落ち、川崎のいつものパス回しができるようになり
決定機を作るもマリノスのDF陣が体を張り点を取らせない。


逆にマリノスは前係になって空いたスペースを両サイドが使いカウンター。
攻め切れるだけの力があるのでこちら決定機まで行ける。
だが、川崎もなんとかして止めていた。



この形で推移してきたが後半4分この構図が決壊。
エリキが2点目を入れる。


その後、川崎はレアンドロ・ダミアンを入れを攻めに高さを足して
追撃に出る。


この時点からかボール保持率というかゴールまでの進出率が
五分五分になる。


その五分五分の中で川崎もチャンスは決めれたが、
マリノスは2点決めた。


驚いたことに最後の方ではマリノスの方がボール保持率と
奪取率が高くなり、終盤はあの川崎相手にほぼマリノスが試合を支配していた。




結果、1-4でマリノスが勝利。



これで次節の東京との試合は
4点差をつけられて負けなければマリノスの優勝。



まだ決まってはいないがほぼマリノスの優勝は
確実だろう。



優勝争いをしていた他クラブにさんざん辛酸を舐めさせてきた
川崎相手にこの勝利。



今日の試合結果と内容だけでも優勝にふさわしいといえる。



まだ決まってないけど。
関連記事

11/30|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント