FC2ブログ
鹿島アントラーズ02VS00FC東京



早い時間にCKで得点できたことが
すべてな気もするが、それだけではない。


キーワードは「球際」だった。


前半、得点してからの鹿島はとにかく球際で戦った。
徹底して五分五分のボールを競り合い体を張り
マイボールにした。
前半はほぼ鹿島のペースで終わらせた。


後半に入ると鹿島の守備強度が落ち始め、
東京も2トップがサイドを起点にして攻め込めるようになる。


このサイドというのはこの試合のポイントかもしれない。
鹿島は体を張り中央を閉め、真ん中だけは絶対に割らせなかった。


故に東京はサイドから攻撃を組み立てざるを得ない。
ただ、永井とディエゴ・オリベイラがサイド起点に
なる攻撃は東京の得意の攻撃パターンでもある。


4,5回決定的な場面を作り出すもすべて外す。
一つでも入っていればまた違ったのだろうが、
鹿島が局面で体を張ってフィルターになったのか、
東京が首位のプレッシャーに押しつぶされたのか
(おそらく両方だろうが)、決定機を決めきれなかった。



逆に鹿島は終始、守ってはペナルティーエリアに侵入されてもわらわらと
人が湧くようなディフェンスでコースを塞ぎ、返す刀で
カウンターという形に持ち込んでいた。



そして、鹿島は後半78分にセルジーニョのミドルシュートが決まり追加点。
その後も東京は惜しい場面を作り出すこともあったが、ほぼシュートコース
に鹿島の選手が入り塞いでおり、キーパーまでボールが行くことも少なかった。


結果、鹿島は東京の反撃を振り切り勝利。


経験豊富で勝負強いというか、老獪で狡猾というか、
鹿島らしいなぁという試合展開だった。


これで勝ち点差は東京が52の鹿島が51で
1差となった。


今シーズンは残り8節。
ヒリヒリとした優勝争いは続く。
関連記事

09/14|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント