FC2ブログ
コンサドーレ札幌01VS01浦和レッズ


この試合は今の浦和はどうなのか?という視点で見ていた。


前半の浦和は少し低調気味で、ボールは保持していたが
前線に良いボールが入らずチャンスが作れない。
どちらかといえばチャンスを作られる立場だったが
その代わりに守備の集中はできていた、
危ない場面は2度ほどあったが。


ハーフタイムにテコ入れがあったのだろう。
変わって後半、そこには別のチームがいた。
前半と打って変わって前線にボールが入るようになり、
逆にチャンスを作れていたのは浦和だった。


結果、いい攻めからのセットプレーで
先制することになる。


所がである、1点取っても攻めに重心を置く浦和が
今度は札幌のカウンターを喰らいやすくなる。
で、その流れから鈴木武蔵のゴールで
失点。


浦和は攻撃の流れも良く、
また流れの中での守りも悪くはなかったが、
攻めてカウンターを喰らってという応酬の中で
決壊してしまった。


その後は勢いに乗る札幌の攻撃に耐えつつ、
浦和のカウンターという形に変る。


前半の形に戻ったわけだが、今度は浦和の
カウンターを繰り出せるようになったが、
決定機には至らず。


結果引き分けとなった。


今日の試合を見る限り浦和の調子は悪くない。
むしろ上がっている方だと思うが、内容の整合性が
ちぐはぐだ。


前半は守りのチーム。半の失点するまでは攻めのチーム。
で、失点してからは守りながらカウンターのチーム。


45分で試合の仕方が変わり、
失点してからまたやり方が変わる
(札幌の攻撃で変わらざるを得なかったのだろうが)。



今の浦和は後手に回ってサッカーをしているように
見える。



一つ一つの方策のレベルは決して低くはない。
これを45分で変わるのではなく、90分の流れの中で
変えていくという風な手練手管でサッカーを
できないもんだろうか。



それができれば浦和はもっと上にいけるのにと
思ってしまう試合内容だった。
関連記事

08/10|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント