FC2ブログ
サンフレッチェ広島03VS02川崎フロンターレ

ミッドウィークだからなのか、コンディションなのか、
暑さからなのか、どうしてこうなったのか。


事の発端は最初の広島のセットプレーからの得点だろう。


これで川崎は序盤から前からプレスをかけ攻めざるを得なくなり、
広島は引いて得意の5-4-1ブロックを作って
守ってカウンターという形になるかと思われた。


ところがである、その後も攻めていたのは広島だ。


特に広島の攻撃時の3-4-3の形になった時に
前の3枚に対処するためにDFとMFが真ん中に寄る。



すると広島の中盤の4のサイドが空き、そこにボールを
入れられ川崎が対処しようとサイドを詰めたら、今度は
逆サイドを使われる。サイドに人を割いたら今度は
真ん中を使われるという悪循環に陥る。


前半の広島は3バックの肝である幅と深さ使い、
戦前の予想とは違いパスを回していたのは広島であり、
走らされていたのは川崎だった。


後半、川崎はレアンドロ・ダミアンを入れてシンプルにボールを当てる
戦術にしてから一点を返し、即座に後半78分に2点目を入れる。


そこからの広島は完全に浮足立っており、そこからの川崎は
いつもの川崎だった。相手ボールになれば果敢にプレスをかけ
マイボールにし、パスを回して崩していく。
まさに広島が崩れ去っていくようにみえた。


ところがである、そのいつもの川崎をみれたのは
おそらく85分までだった。


そこからは川崎の運動量が落ち、広島の
5-4-1のトップのドウグラス・ヴィエイラに
ポストが入るようになり、そこを起点にして
他の選手が前にボールを運んでいく。


広島が前にボールを運ぶことで時間を使われ、
川崎はなかなかボールを取れなくなっていく。


その後も川崎は数少なくなったボール奪取の際に
チャンスは作れたが決定機とまではいかず
タイムアップ。


前半と後半の頭は完全に広島。
その後、20分は川崎でまた広島に戻る展開だった。


川崎から3点(セットプレーが2点とは言え)。
おそらく広島のゲームプラン以上の事が起こったかとは思うが、
そこから広島が一方的に行くのかと思いきや
2点を返した川崎も強かった。


観ていて面白い試合だったのは間違いない。

関連記事

07/31|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント