FC2ブログ
サガン鳥栖03VS01ガンバ大阪
鳥栖の監督が正式に代わって迎えたガンバ戦。
鳥栖のサッカーがシンプルになっていた。



端的に言って、守備では前からプレスに行って
サイドバックもガンバのサイドにしっかりプレスを
して思うように攻撃をさせず、攻撃では
2トップに当てて速く攻撃を展開し終わらせるという
シンプルな攻撃を繰り返していた。



ただ、シンプルとはいっても展開が速い上に
迷いがない。最悪、トップに蹴ってボールを当てて
展開できればいいやという、開き直りに近い
攻撃ができていた。



以前の鳥栖には攻撃時に迷いがあった。
ボール保持時に「どうすればいい?」という
迷いを感じながらサッカーをしていた気がする。



ボールを持ってクエスチョンマークを頭に浮かべて
考え、状況を見ながらパスを回していたので、
迷いながらやっている分どうしても
ゴールに迫る時間がかかるし
サッカーが遅くなる。



時間がかかった分、必然的にゴール前に
ディフェンス側の選手が陣を構え、
人が密集し行き詰まるということを
繰り返してきた。


ただ、今回はその開き直りが良い方向に進んだのだろう、
迷いがないので手早くゴールに迫れていた。
その結果、シュートで完結できる場面が多くなり
3点取ることができたのだと思う。


まあ、そのシンプルな攻撃にクエンカのテクニカルな
プレーが程よいアクセントになって効いていたのもあるが。


対するガンバはちょっと心配になる出来だった。
食野のゴールは確かにすごかった。
ファン ウィジョもアデミウソンの動きは鋭く、
確かに怖かったが、単発の攻撃である。
点と点が線にならず次が続かない。


鳥栖のプレスにポゼッションもできず、
かといってファン ウィジョとアデミウソンの
鋭い動きを生かすサッカーができていたわけでもなかった。


それどころか、時間がたつごとに運動量が落ち、
後半の中頃辺りから運動量で鳥栖に負けていた。


ボールを持てるわけでも、自分たちの強みを生かす
わけでもなく、運動量でも勝てない。
そりゃ、こういう結果になるわなという感想しかない。


これからどんどんと暑くなる状況では、
ますます運動量が落ちざるを得ない。
それを考えても、ちょっと心配なガンバの出来であった。
関連記事

05/11|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント