FC2ブログ
名古屋グランパス 1VS0サンフレッチェ広島


攻撃の名古屋に守備の広島。


大方の予想通り、広島が
4-5-1ブロックで構え、
名古屋がそれにパスワークで
挑んでいくという前半になった。


おそらくだが広島はACLの疲労も考慮したのだろう。
前半は引いてしのぎ、後半勝負という腹積もりに
みえた。


実際にパスワークで侵入して何度も
チャンスを作った名古屋に対し、
良く守れていたと思う。


が、なんという皮肉か。
堅牢に守られていたはずの
5-4-1ブロックの5のほころびから生まれた。


名古屋の得点時、真ん中やや右にいた
ジョーが開くように上手く抜け出し、
真ん中に折り返すと和泉が潰れて
前田という流れだったのだが、
和泉に潰れられてしまったサロモンソンが
広島のGK大迫も巻き込んでしまって、
動きを遮らて上手く反応ができなかった。



まあ、得点シーンをみると名古屋が
上手く崩したということなのだろうが、
ちょっと不運だったとも言える。


一転して後半は広島ペース。
惜しいシーンもあったが
上手く点にならない。


結局、後半は攻撃に特徴がある名古屋が
守り切って勝つという結果になった。


ここで気になったのは名古屋でなく、
後半の広島の攻撃。


東京戦でも見えたことだが、
広島はギアを上げてアクセルを
踏めばちゃんと形となる攻撃を
持っている。


ところが様々な要因でこのギアが
上手く上げられているように
見えない。


このギアの上げ下げの機微を
上手くコントロールできれば
同等の相手にも勝ちが安定するとは思うのだが、
日程等のいろいろな流れの中でちょっと今は難しい
のだろうなとは思う。


なかなか難しい事よね。
関連記事

04/29|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント