FC2ブログ
日本サッカー協会は31日、今年の日本代表初戦となる国際親善試合の「キリンチャレンジカップ」ラトビア戦(2月6日・ホームズスタジアム神戸)に臨むメンバー23人を発表。



選出されたメンバーは以下のとおり



GK
林卓人(ベガルタ仙台)
川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
権田修一(FC東京)

DF
今野泰幸(ガンバ大阪)
伊野波雅彦(ジュビロ磐田)
水本裕貴(サンフレッチェ広島)
長友佑都(インテル/イタリア)
内田篤人(シャルケ04/ドイツ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(ハノーファー96/ドイツ)
酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)

MF
遠藤保仁(ガンバ大阪)
長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)
細貝萌(バイヤー・レバークーゼン/ドイツ)
高橋秀人(FC東京)

FW
前田遼一(ジュビロ磐田)
岡崎慎司(シュツットガルト/ドイツ)
本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
ハーフナー・マイク(フィテッセ/オランダ)
乾貴士(フランクフルト/ドイツ)
香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)
大津祐樹(VVV/オランダ)


欧州組15人に対し、Jリーグ組は8人という構成。




ザッケローニ監督曰く「インシーズンのメンバーを重点的に呼んだのであって、例えば駒野や(中村)憲剛については、代表から漏れたという認識は持ってほしくない。 栗原、駒野、憲剛、岩政も当然、代表チームの選手と思ってもらいたい。そういう経緯で招集に至らなかった。試合勘のある選手を重点的に呼びたかった。シーズン前で練習量の足りない国内組より、シーズン途中でコンディションのいい欧州組を優先した」と説明。



まあ、3月中旬くらいならまだしも、この時期だと国内組の方は体が動かないだろうし、致し方のない面があるか。
ラトビア戦のスタメンはいつもの通りかなという感じがする。




注目は大津がどんな使い方をされるか。



ザッケローニ監督は大津について「大津はオリンピックでの素晴らしい活躍があり、クオリティ的にも右でも左でもトップ下でも、ときにはセンターFWでもプレーできるユーティリティな能力がある。日数は少ないですが、手元において実際に見てみたいなと思ったので招集に至った」とコメントしている。



彼は身体を張れるし、他のメンバー見てもサイドをできる選手が多いので、トップかトップ下かなという感じはするが。





[PR]サッカーのチケットは!



人気ブログランキングへ
関連記事
01/31|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント