FC2ブログ
ワールドカップアジア最終予選オマーン代表VS日本代表は
1-2で日本の勝利。


得点
前半20分 清武弘嗣(日本)
後半32分 ムバラク(オマーン)
後半44分 岡崎慎司(日本)


日本の交代選手
後半19分 日本 前田遼一OUT 酒井高徳IN
後半39分 日本 清武弘嗣OUT 細貝萌IN
後半49分 日本 遠藤保仁OUT 高橋秀人IN


案の定、後半に日本の運動量がガクンと落ちた。
さすがに暑さに慣れて集中力が途切れるという場面はなくなり、
要所々々を抑えておきさえすれば危ない場面も無くなってきたが、
運動量が落ちてきたことにより攻撃から守備、守備から攻撃という
切り替えが上手くできなくなり、セカンドボールが拾えなくなり苦戦。





失点のきっかけのFKの前の場面ではペナルティエリアに
長友佑都が侵入して中に3人、後ろから清武弘嗣が入って最終的に
ペナルティエリアに5人いたが長友がクロスをするのかシュートするのか
迷い、清武にマイナスのパス。
そこを奪われカウンターを喰らって失点につながるFK献上。
戻るにはちょっと体力的にキツイかったか。




1点リードしてたわけだから素早くクロスを入れて攻撃し切るか、
さもなければ少ない人数で勝負に行っていれば、人を残り、
カウンターを中盤で遅らせるか潰すかできたので、
失点につながることもなかった気がするが。
まあ、暑さでもう1点取って楽に試合を進めたいという気持ちで
行っちゃったんだろうが、ちょっとリスクのマネージメントが甘い。





ただ、勝ち越しの場面では、上手く左右にボール動かしながら、
サイドで1対1作って崩した良いゴールだと思う。
勝負をしてクロスを上げた酒井高徳。
ニアで競ってコースを変えた遠藤保仁
そこ、詰めて決めた岡崎慎司。
この流れは見事だった。




まあ、ハラハラはしたが熱かったし、結果としては面白い試合にはなったが、
その面白さを生んだのは日本の判断の甘さでもある訳っで
手放しには喜び辛いものがある。




でも、ワールドカップの予選だし、アウェイの勝ち点3は大きい。
結果としては大きな成果なので喜んでいたほうが良いか。




しかし、これだけ暑いオマーンから寒い日本やヨーロッパの国々に帰っていく
選手達は寒暖の差で体調を崩しそうでちと心配。







[PR]サッカーのチケットは! 
[PR]マンチェスターユナイテッド観戦ツアー
[PR]インテル ミラノ観戦ツアー
[PR]VfBシュツットガルト観戦ツアー
[PR]格安高速バス!VIPライナー予約サイト。東京⇔大阪・京都で毎日運行!


人気ブログランキングへ
関連記事
11/15|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント