FC2ブログ
ロンドン五輪
男子サッカーD組

男子サッカー日本代表
VS
男子サッカーホンジュラス代表

0-0


この試合のスタメン
杉本健勇


齋藤学  宇佐美貴史  大津祐樹


山村和也   山口螢


酒井高徳  吉田麻也  鈴木大輔  村松大輔


権田修一


日本の交代選手
後半22分 清武弘嗣IN 杉本健勇OUT
後36分 永井謙佑IN 齋藤学OUT
後43分 東慶悟IN 大津祐樹OUT

モロッコの戦から5人を入れ替え臨んだが、
やっぱり連携に苦慮。


プレスの連携がうまく取れず、パス回しのコンビネーション上手くあわず。
しかも、ホンジュラスがスペイン戦の時の日本のようなハイプレスを
序盤にかけてきたことから、ボールを上手くつなげずボールを取られて
カウンターを受ける場面が多く、あわやという場面もあった。



こういう場合は前線の選手が我慢し、キープしながら時間とスペースを
作って反撃に出たいところだったが、それを期待されてたであろう
宇佐美や杉本がそのタスクを上手くこなせず。
まあ、ホンジュラスの運動量が落ちてからは、上手くボールを
つなげるようになったが、厳しい時にそれが出来ないのはちょっとつらい。




また、この試合はモロッコ戦に続きホンジュラスの個人技に苦しんだ。
特にドリブルで来られるとラインがズルズルと下がり、危ないところや
その一歩手前で上手く抑えても、ラインが下がっているためセカンドボールが
上手く取れず、また攻撃を受けるという悪循環に陥っていた。
ドリブルしてるところで上手く止められれば良かったんだが、
そういう所はこのチームの問題点。



ただ、試合終了後の吉田麻也のインタビューなどを聴く限り、
それほど危なかったという認識はないらしく、ある程度の対処は
できたという考えのようで、個人技で突破してくるような相手にも
慣れてきているのかなという印象を持った。




まあ、主力選手をある程度休ませ、ホンジュラスの個人技にも
上手く対応しスコアレスに抑えたのだから良しとするべきか。



この試合は引き分けに終わったが日本はこのグループを1位で通過。
次の相手はエジプト。もし、勝ったとしたらメキシコVSセネガルの
勝者とと当たる。



つまり、仮に勝ち進めたとすれば、メダルがかかる試合まで
アフリカ系か中南米系の個人技が得意なチームとしか当たらない。
日本はモロッコ、ホンジュラスと戦い、このタイプのチームとの免疫ができている。
この年代に限らず、日本は個人技でゴリゴリと押してくるようなチームとは
戦えることが少ないので上手く慣れて押さえ込めるようになれば、
もしかして・・・という期待はしてしまう。



まっ、次勝たなきゃ意味ないんだけど。







[PR]サッカーのチケットは! 
[PR]マンチェスターユナイテッド観戦ツアー
[PR]インテル ミラノ観戦ツアー
[PR]VfBシュツットガルト観戦ツアー
[PR]格安高速バス!VIPライナー予約サイト。東京⇔大阪・京都で毎日運行!


人気ブログランキングへ
関連記事
08/03|オリンピック代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント