FC2ブログ
ここ1週間で、にわかに騒がしくなってきた
「香川真司、マンチェスター・ユナイテッド移籍か?」
という噂だが、この件について少々気になることが
あったので調べてみた。

マンチェスター・ユナイテッドはイギリスの
イングランドプレミアリーグに属している。



このイングランドプレミアリーグにはイタリア・セリエAや
スペイン・リーガエスパニョーラと違い、外国籍選手の
登録制限は無い。



ただし、EU及びEFTA加盟国の国籍を持つ選手以外は、
イギリスでの労働許可証の取得が必要になる。



この労働許可証、取得条件が厳しく過去2年間のFIFAランキングの
平均順位が70位以上の国の代表選手であること、
過去2年間で代表Aマッチ(親善試合を除く公式戦)の75%以上に
出場していることが必要。



今日現在の日本のFIFAランキングは30位で、この件については問題がない。
問題なのは「過去2年間で代表Aマッチ(親善試合を除く公式戦)の
75%以上に出場していること」という条件。




日本代表の過去2年間の公式戦はワールドカップ(南アフリカ)の4試合、
アジアカップの6試合、ワールドカップアジア3次予選の6試合の計16試合。



この内、香川が出場した試合は10。
つまり、62.5%しか公式戦に出場できておらず、
今のままなら労働許可証が下りるとは考えづらい。



労働許可証が下りなければいくらマンチェスター・ユナイテッドが
香川を欲しくても、イギリス国内での試合に出場できないため、
普通に考えれば破談となる。



ただし、近年にはいって労働許可証の取得条件がゆるくなっており、
今は浦和レッズに所属している阿部勇樹が2部のレスターに移籍した時に
75%以上出場という条件を満たせなかったが「日本のワールドカップベスト16」に
貢献したという実績が認められ労働許可が下りているし、
今は柏レイソルにる水野晃樹がスコティッシュ・プレミアリーグの
名門セルティックに移籍した際は「U-23日本代表が北京五輪出場に貢献」という
なんともゆるい実績でもセルティックの働きかけで認可され、
ボルトン・ワンダラーズにローン移籍していたアーセナルの宮市亮はA代表どころか
U-23日本代表での実績がなかったのにもかかわらず、
将来有望な若手枠ということで許可が降りた。




どうやらそれなりの実績があれば問題なく、将来有望でありイギリス政府に
働きかけられる政治力を持つクラブが交渉すればなんとかなるようだ。




以上の条件を香川に当てはめてみると23歳という年齢は、若手と言うには微妙だが、
ドイツ・ブンデスリーガ2連覇に貢献し今季DFBポカールも取り2冠というのは
実績としては十二分であり、マンチェスターユナイテッドというクラブはイギリスが
ワールドカップ招致運動をしていた時にいろいろと貸しを作ったりもしていたので、
イギリス国内での政治力という点ではこれ以上のクラブもない。




マンチェスターユナイテッドが積極的に動けば
労働許可は下りるのかなという感じはする。




まあ、7月になればワールドカップ4試合が消え、6月のアジア最終予選の3試合が
加わることになるので香川がこの3試合の内、最低2試合出場すれば75%問題は
クリアできるから問題はないんだけどね。
現時点でマンチェスターユナイテッドへの移籍は可能性の1つでしか無いが、
移籍が正式に決まるとしたら7月過ぎか。




ただ、逆に言えばマンチェスターユナイテッドが6月中に力技で香川の
移籍を決めてくるようだと、ユナイテッドにとって香川は結構重要な補強選手と
いうことにはなるんだが、どうなんだろうね。








[PR]サッカーのチケットは! 
[PR]ボルシア・ドルトムント観戦ツアー
[PR]VfBシュツットガルト観戦ツアー







人気ブログランキングへ
関連記事
05/22|海外日本人選手コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント