FC2ブログ
UEFAチャンピオンズリーグ
インテルVSバイエルンミュンヘン
0     -     1


得点を奪われるまで単純に思ってたこと。
「こりゃ、レオナルドはものすごく叩かれるな」  

長友佑都の代わりに4試合ぶりにキヴが出場。




前半のバイエルンはもっとロッベンが攻めて来るかなと思っていたが
以外に来なかった。ただ、ロッベンが勝負したときはキヴをぶち抜いて
おりましたが。





マイコンを守備に回したいがためにリベリーを中心に左サイドを
攻めてたって感じ。マイコンの裏を見事に使ってマイコンを
守備に回して低い位置にとどめておりました。





ビルドアップのパスはやっぱりキヴの方が上手いし安定している。
バイエルンのプレスも結構激しかったので、あの中に長友を入れるなら
キヴのほうが安心だとは思うのは理解できる。




なんか今回インテルはロッベン対策のためか守備がちょっと変わってた。
基本はキヴとカンビアッソでロッベンを抑える。そしてキヴが抜かれるのは
織り込み済みみたいな守備で、キヴが抜かれたらセンターバックのラノッキアが
ケアに出てくるんだけど、そのラノッキアの出てきたスペースをキヴが中に入って
埋めてセンターバックをやっていた。
まあ、それでも抜かれるときは抜かれてたんだけど。




試合としては速い展開で見ていて面白くはあったんだけど基本的に
中盤で潰し合ってる感じ。




後半に入るとインテルの中盤の運動量が落ちロッベンが
好き勝手できるようになる。




後半の終盤にラノッキアが怪我でハルジャと交代。




この交代がちょっと勝負を分けたかな。キヴがセンターバックに入り
サネッティがサイドバックにチェンジ。
大幅なポジションチェンジをせざるを得なくなり、そこそこ守れていた
インテルの守備のバランスが悪くなった。




失点の時はそのポジションチェンジがモロに仇になった。






そこにインテルの守り的にセンターバックのキヴが見るのか、
左サイドバックのサネッティが見るのか微妙なところのスペースに
ロッベンがドリブルで入っていって無回転シュート。




キーパーもボールを抑えにいったが手元で急降下して弾くのがやっと、
そこへマリオ・ゴメスが詰めてゴール。





後半は完全にロッベンの時間だったな。





ただ、この試合のインテルは褒められた内容ではなかった。




内容的にいえばインテルが完全に負けていた。
インテルはホームなのにボールポゼッション率が40%前半。
シュートに関してもバイエルンがインテルの倍近く打っていた感じ。
しかもボールはやたらと取られるのに、セカンドボールは奪えない
という悪循環。




バイエルンはチームとして機能していたが、インテルは個人だのみ。
マイコンかエトーかスナイデルしか無い。
マイコンは守備に回され、スナイデルはバイエルンのプレスで自由にできず、
エトーの個人突破ぐらいしか攻め手がなかった。
惜しいシーンが2回くらいあったんだけどね。そこで決めていれば違ったんだろうけど。




ホームであの内容はいかんわな。




しかも、レオナルドの交代策がまるっきり機能していない上に交代枠を残しての敗戦。




スコアレスドローでもレオナルドは叩かれそうな内容だったけど
負けたらなおさらボロクソだろうな。








人気ブログランキングへ
関連記事
02/24|長友佑都コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント