FC2ブログ
ロンドンオリンピック男子
サッカーアジア最終予選

U-23マレーシア代表VSU-23日本代表
0-4

良かったポイントを挙げてみる。




中盤の選手がボールを受けた時、
前を向けてプレー出来ていたこと。

さらに、ボールを縦に出すときに、受け手が動いて
貰いに来てたので、相手に寄せられても取られない
位置でボールを受けられたこと。

サイドも使えて攻められるようになったこと。

そして、攻め急がなかったこと。




シリア戦はこれらのことがまるで出来ていなかった。
ようやく日本らしい、まともなサッカーが見れるように
なったという感じ。





試合序盤はそれも出来ていなかったが、ボランチの扇谷と
山口が極力、動いてボールを貰いながら、前を向いてボールを
捌こうとし始めてから、流れが良くなり、他の選手もそれに
倣うように前を向く意識が強くなり、流れが加速していった
という感じに見えた。





試合も4点とって勝てたわけだし、
結果だけを見れば良かったと言えるが、
日本らしい、まともなサッカーが見れるようになったのが
最終予選のしかも、残り2戦というのどうにもこうにも・・。




それと、問題に思わされたのが選手交代の部分。


選手交代は
①大迫→永井
②扇谷→山村
③原口→杉本
という順番だったのだが、選手を交代するたびに
攻撃の出足が鈍っていったように見える。




まあ、②はとりあえずいい。
問題になのは①と③。



アクシデントがあっての永井と交代だったが、
この交代に問題のすべてがあった気がする。
マレーシアは明らかに大迫の高さと強さに手を焼いていた。
そこから、アクシデントがあって永井と交代。





別に、リードしてからの交代だし、永井の交代自体は
それほど間違ってるともいえない。
永井のスピードを活かせるならという条件付きだが。




今回もそれをせずに、永井にまたしても
大迫と同じ役割を背負わせた。
大迫の高さと強さがあるから、上手く回っていたわけだが、
たいして、高くも強くもない永井に同じ事やらせて、
どうしたかったんだろうか。





これだと、裏に蹴って永井のスピードを生かしたかったのか、
今までの良い流れを継続させたかったのか交代の意図が良くわからない。
この意図の不明さが、あと1点が出なかった原因じゃないだろうか。






結局ここから、前線にボールが収まりづらくなり、
攻撃のリズムも作りづらくなっていった。






で、③の高さと強さのある杉本投入になるわけだが、これってどうみても
大迫がいた頃の流れを取り戻したいという意図の交代に見えた。
それって、選手交代のカードの切り方としてはマズイ方の
部類なんじゃないだろうかが。




少なくとも流れを継続したかったのであれば永井と
杉本の交代は逆だった気がするのだが。




果たして、流れを止めてしまった交代をした監督の問題なのか、
それとも永井を生かす攻撃が出来なかった選手の問題なのか・・・。





4点という結果はまずまずだし、この結果シリアのプレッシャーになったのか、
シリアがバーレーンに負け、勝ち点3差と得失点差で有利となり、
日本は再びグループ首位になった。
とはいえ、なんか地味に痛い問題を見た気がする。





[PR]サッカーのチケットは!  
[PR]インテル ミラノ観戦ツアー






人気ブログランキングへ
関連記事
02/23|オリンピック代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント