FC2ブログ
ロンドンオリンピック
男子サッカーアジア最終予選

U-23シリア代表VSU-23日本代表
2-1

始めから、よく理解のできない試合だった。





何故に、ボランチの選手はプレッシャーがきつくない時ですら
縦に蹴るばかりでつながないのだろう。
何故に、永井、山崎、東というたいして高さもない前線に対して、
ハイボールを入れてヘッドで競らせようとするのだろう。
しかも、他の中盤が全力で拾いにくわけでもなく。
競らせた後の方策というものがまるで見えない。






山崎、東という選手は足元にボールを収めなければ
良さは出ないし、永井にしたって前向いて走らせてこそだろう。





別に永井のスピードを生かすためにロングボールが多くなることは悪いとは思わない。
DFラインとキーパーの間に蹴り込むとか、永井をサイドに開かせて
ロングボールをいれてボールを収めて、中盤の選手を前に出すとか、
いろいろと効果的な方法はいくらでもあった。





にもかかわらず、たいして高さが強くない選手にハイボールを競らせて
競り負けて相手ボールになるということを延々と繰り返していた。
挙句の果てにハイボール競りにいった山崎が負傷。




大迫が入り多少競れるようになったものの、根本的に競った後に
どうするかがまるで見えないから同じことの繰り返し。






一つの行動をして、その後のどう行動するかがわからないような
サッカーしていて、内容のある攻撃ができるわけがない。





こういう訳のわからない攻撃プランしか持てなかったの事が、
負けたすべての原因だろう。
自分で自分の首を閉めたとしか言い様がない。







そりゃ、日本の失点は不運なものだったがシリアの方が日本よりも
理にかなったサッカーをしていた。
負けて当然とは言わないがシリアのほうがはるかに
試合中に勝つための努力をしていた。
少なくとも運を呼び込める資格があったことは確かだろう。






ただ、今回の負けでそれほど悲観すことはない。
シリアは1位になったが総得点差だし、3点くらい離れていれば
絶望的にもなるが、それも1しか離れていない。
得失点差は五分でシリアとの対戦成績も五分で純粋に得点差の争い。
十分挽回のチャンスはある。




ただ、今回みたいな内容のないサッカーしなければ、
という但し書きはつくが。







[PR]サッカーのチケットは!  





人気ブログランキングへ

関連記事
02/06|オリンピック代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント