FC2ブログ
ワールドカップ
アジア3次予選

日本VS北朝鮮
1-0  

ドローも覚悟した苦戦だったが内容的にはすごい良かった
というのが個人的な感想。




内容だけで言えばアジアカップ時よりもだいぶ良い。





守備に関してはほぼパーフェクト。
相手が引いて守備をしていたとはいえ、今までならカウンターで
シュートまで持ち込まれたもんだが、今回はカウンターになっても
シュートを打たせず、チョン・テセにいたってはペナルティエリアの
中で勝負すらさせてなかった。




北朝鮮はポゼッションで上回れるのは覚悟の上、圧倒的に攻められるのも
覚悟の上でほとんど計算通りに出来たと思うが、ただ、カウンターになっても
ほとんど攻めの形を作れなかったのは想定外だったと思う。






攻撃についてだが、今回の場合は日本の不出来を攻めるよりは、
北朝鮮の守備の出来を褒めたほうがいい。





日本は点を決めれる場面も多かったが、ゴール前にあれだけ選手の壁を
作られちゃうとなかなかシュートを打ちづらいし、壁を抜けてシュートが
枠にいっても、今回の場合はGKが良すぎた。




ありゃ、北朝鮮の選手の能力考えたら少々の怪我では外せんわ。
この試合のMVPはどう考えても吉田麻也より北朝鮮GK。






あえて批判するなら日本の選手がナーバスになりすぎてた事。
アレだけシュートの大宇宙やクロスバーの神セーブを見せられると
そう思わざるえん。





あとはクロス。李にしてもハーフナーにしてもほぼ競り勝ててたのだから
サイドバックがいい位置にいるのなら、もう少し競らせるクロスを
上げても良かった。





クロスといえばリャン・ヨンギにほぼ抑えていて守備は良かった
内田篤人のクロスが良くなかったな。まあ、風の影響を考えて強めに
蹴ったらああいうふうになっちゃったんだろうが。





この試合で期待を持たせたハーフナー・マイクに関しては
次のウズベキスタン戦が一つの試金石かなと思ってる。




この試合のハーフナーは非常に良かったが、高さのある
ウズベキスタン相手にどれだけできるか。
点を決めればもちろん、決めなくてもある程度高さで計算できるなら、
日本代表に定着すると思う。





現時点では李もハーフナーも一長一短があり、どちらが抜けてるとは
言いづらいものがある。
長の部分だけ見ると北朝鮮戦は高さのハーフナー、
ウズベキスタン戦は速さのある李という所なんだが、ハーフナーは
そこそこスピードがあったな。





柏木はシュートも3本くらい打てたし、頑張って動きまわってたけど、
その頑張りが30%くらいしか報われてなかった。
本田の穴はデカイし埋められるものではないと思うが
現状だと香川のトップ下で清武を入れた方が・・。





あと、長谷部。
長谷部がいつの間にか背中でチームを引っ張れる選手になってた。
久々にギラギラしてた頃のプレーを観た気がする。




今回、試合を通してみた人は、不安に思った人いるだろうが、
攻めあぐねて、カウンターを喰らって危ない場面を何回も作らながらも
何とか勝てたという構図ならともかく、内容的にはそんなに悲観する
程でもない。




アジア予選の日本の初戦なんていつもこんなもん。




まあ、今年はもう呼べそうもない本田の穴を埋めることは必要だが、
それは3次予選の中でみつけていけば良い。




それぐらい悠長なことが出来るチームだと、この試合を観て思った。


[PR]サッカーのチケットは!  





人気ブログランキングへ
関連記事
09/03|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント