FC2ブログ
キリンチャレンジカップサッカー2011
日本VS韓国
3-0


まあ、どっちもあったんだろうが。

予想もしない得点差で勝った。





前半、韓国に押し込まれる場面もあったが、
それは韓国が良かったというよりは日本がいろいろ
馴染むのに時間がかかったていうのが正しい気がする。
駒野友一と香川真司の関係性だとか、札幌ドームの
芝の感じだとか、久しぶりの4-2-3-1のやり方だとか。





馴染んでからは御存知の通りの3得点。






3点ともドタバタした感じじゃなくて、ちゃんと崩しての得点。
ゴール後に韓国の選手がファールだったり、オフサイドだったりの
アピールぐらいはするもんだと思ってたがが、それすらせずに
項垂れちゃったってことはショックでかかったんだろうな。





ただ、韓国も相当ひどかった。





韓国は攻撃は前に起点すら作れず韓国の自力で作った
チャンスらしいチャンスが殆ど無く、
最後の方の韓国のチャンスはほとんど日本のミスから。
一方の日本の李忠成からの落としから本田圭佑と香川が前を向いて
ボールを持てたときは韓国がほとんどボールを取れない状況に
追い込まれてたし、攻撃の選択肢も豊富にあった。






守備も日本は中盤でプレスがしっかり効き、
ボールを取れてたのに対し、韓国は本田に3人付けて
ボール取れない時点でどうにもならんかった。






最初の内はトップに入り、その後右MFになったパク・チュヨンなんか
ほとんど存在感がなく、何かと話題のキ・ソンヨンさんなんか
プレーメーカーにもかかわらず、韓国のメディアから
「ゲームを作れる選手がいない」と言われて存在しなかった
ことになってたし。







中心になるこの2人が目立たず、前線でイ・グノだけがほんの少し
目立ってた状況じゃどうにもならんかったな。









やっぱり、パク・チソンとイ・ヨンピョの穴はでかいんだな。






ただ、日本も遠藤と長谷部が抜けてグダグダになったてことは
韓国の現状を笑えない。この二人が抜けたらクオリティが下がったとは
言わないが、危なっかしかったのは事実。





2人が交代後、2度ほど危ない場面があり、ク・ジャチョルが外した場面は
試合に出てないク・ジャチョルだから外してたけど、プレシーズンマッチで
点取ってたソン・フンミンがいたら普通に決めてたんじゃないかな。






今回のことは他山の石としておく必要がある。
まあ、今回の韓国については他山の石と
いうよりも対岸の火事って言葉のほうがぴったりな気もするが。





日本は「3」の部分に人はいるんだから「2」の部分を何とかしないとねぇ。
なるべく、新鮮力発掘の機会を作らんと。
そりゃ、日本はメンバー揃えられれば強いのはわかったが
底上げということで言えばたいしてできていない。





今の日本に必要なのは海外遠征をしてヨーロッパの強豪とやるよりも、
国内組だけでそこそこの相手と試合をする機会だとおもう。
今年は日程が詰まってて無理だろうけど来年辺りはそういう試合も
やってほしいな。


[PR]サッカーのチケットは!





人気ブログランキングへ
関連記事
08/12|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント