FC2ブログ
 ドイツブンデスリーガ
シュツットガルトVSシャルケ04
3-0 
岡崎慎司、後半途中出場。
内田篤人、ベンチ入りも出場せず。





この日は3試合ほど観てたのだが、日本人が所属しているクラブでは
シュツットガルト一番まともなサッカーしてたな。
ちなみに観てたのはスーペルコッパ・イタリアーナの
ACミランVSインテル・ミラノ、オランダ・エールディビジの
VVVフェンロVSユトレヒトとこの試合。





さて、この試合だがシュツットガルトの岡崎慎司は右足首の怪我でベンチスタート、
シャルケの内田篤人もベンチ。





昨シーズンのシュツットガルトを知っている身としては良いスタートだったと思う。
岡崎加入当時は-30Mスタートぐらいだったが今季はスタートライン立てる準備が
できていた。






シュツットガルトは昨シーズンに比べると多少守備が安定していたように見える。
特にシュツットガルトはプレスの約束がしっかりしているのでボールは良く取れ、
そこから攻撃という場面が多かった。




ただ、低い位置でのがっかりパス回しは相変わらず。
低い位置でのパス回しに失敗してボールを取られ3対5の状況になったりしてたし。





岡崎は後半残り12分ぐらいの所から右MFとして途中出場。
今回の場合は前線からしっかりと守備をする守備固めとして送り出されたんだろう。
押し込まれたときにはDFラインまで下がって守備しており、
観ていてお前は右サイドバックかと突っ込みたくなったが、
タスクはしっかりこなしていた。




が、そうこうしている内に終了間際、シュツットガルトのDFラインから前線に
向かってフィード。




だれが受けるのかなと思っていたら岡崎だった。




しかし、すごいトラップだったな。









しかもそこから胸に当ててから足元に落としてる。
これはかなり難しいトラップ、そこから左足でロングシュートを突き刺した。






昨シーズンは攻撃の選手なのに守備に奔走させられ、
いい飛び出しをしても良いパスが来ることが殆ど無く、
少ないチャンスでシュートを打っても殆ど入らずという状況だったのだが、
昨期の苦労が嘘のようにあっさりと点を決めた。





岡崎の動き出しに対していいフィードが来たということは、
もうチームメイトも岡崎の良さをほぼ理解しているんだろうなとは思う。
いい動きをしてもパスが来ないという事態は昨シーズンよりは
少なくなりそうなので、岡崎の目標の2桁得点を取れるかどうかは
わからないが、そこそこ点は取れるんじゃないだろうか。




ただ、怪我で出遅れたというのがあるのでまずはスタメン奪取からだな。





一方のシャルケだが・・・。
攻撃の起点がまるで作れてなかったな。
あそこまで起点を作れてないと、なんで内田を外してるのかよくわからん。
まあ、出てきてる細かい話を総合すると、なんとなく出れない理由は
想像できるんだが確定的な話ではないしなぁ。





とはいえ、これだけ試合内容がグズグズだと、
あと3~5試合のうちには出れるような気はするが。







[PR]サッカーのチケットは!  





人気ブログランキングへ

関連記事
08/08|岡崎慎司コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント