FC2ブログ
 女子ワールドカップ
決勝

日本VSアメリカ
2-2
PK
3-1


としか書き様がない。
当のアメリカが一番わけがわからんだろうな。





序盤からフィジカルの強さとスピードで圧倒して主導権を握り、
守備戦術がピタリとはまり日本の力を60~70%ぐらいの力に抑えるこみ、
あまつさえリードを2度も取りながらも日本が驚異の粘りをみせ
追いつかれて、PK戦に持ち込まれて敗戦なんて。






ただ、前半のうちから予兆はあった。





最初の15分間でアメリカが猛攻を仕掛けてきたのだが、その猛攻の
迫力よりも個人的に目についたのはアメリカの余裕の無さだった。






猛攻とは書いたがどうも攻め急ぎの感しか無く、危ない場面もあったが、
だいたいがサイドの角度のないところからのシュートだったり、
ロングシュート。






スタッツを見ればわかるが日本のシュートは14本でアメリカの
シュートはほぼ倍の27本。
これだけ見れば圧倒しているように見えるが枠内シュートは
日本が14本中6本、アメリカが27本中5本しか無い。
しかも、猛攻を仕掛けてきた前半が12本中1本しか枠内シュートがなかった。








この余裕の無さがずっと続いていてたが、さすがはアメリカ、
そんな状況でも点を取る。
2点ともいかにもアメリカという点だったし、アメリカが先制したときには
さすがに落ち着くかなと思っていたが、結局払拭されることはなく、
結果としてこの余裕の無さがPK戦でアメリカの墓穴を掘ることになった。







さて、翻って日本である。






アメリカは心理的余裕が無い上に攻守にわたって飛ばしすぎて
腰がふらついていたとはいえ、ほぼ最高のプラン通りに試合を進めていた。







だから訳がわからない。







日本はそのプランを訳のわからぬ力で根底から覆した。
いくら、アメリカに訳のわからぬ余裕の無さがあったとはいえ、
その余裕の無さを露呈させる極限の状況に追い込まないと無理。






日本の1点目は敵失ということもできるが(相当難しいシュートだが)、
2点目の関してはあんな状況で決められるか?






いやはや、すごい試合だった。






自分が生きてる内にこんな訳のわからない試合が観れるのは、
たぶん両手で数えられるかどうかだろうな。
録画しておいて良かったわ~。






他にも岩清水のレッドカードの場面とか、なんで日本が始めの内ハーフラインで
しかパスを回せなかったのには10分ごとに日本のパスを回せるゾーンが
広くなっていった理由とかも書きたかったが、1日経っちゃって、
そこら辺は詳しく書いてるところもあるだろうから自分の気になった
ところだけ書いてみました。







とにかく、なでしこジャパンの皆様、世界一おめでとうございます。







[PR]サッカーのチケットは!  






人気ブログランキングへ


関連記事
07/19|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
お知らせ (3)
アルベルト・ザッケローニ (2)
アジアサッカー (2)
海外日本人選手 (30)
オリンピック代表 (54)
海外サッカー (5)
サッカー豆知識 (1)
宮市亮 (20)
長友佑都 (43)
試合スケジュール (127)
日本人選手の移籍情報 (12)
サッカーちょいニュース (1)
未分類 (17)
岡崎慎司 (10)
日本代表 (237)
内田篤人 (7)
サッカーニュース (4)
放送スケジュール (47)
なでしこジャパン (1)
香川真司 (2)
サッカーマスコミちょっとアレな話 (1)
Jリーグ (79)
Jリーグ2020 (15)
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント