FC2ブログ
フェイエノールトVSヘラクレス
    2     -    1



なんか、フェイエノールトのサポーターと
チームメイトの温度差が多少あったな。
まだ浮いてる感じはした。

基本的に攻撃は右サイドばっかっていう感じ。




左ウィングに入った宮市は結構フリーだったんだけどね。
チームにまだ馴染めていないせいだろうか前半の15分過ぎまでは
ほとんど宮市にボールが回ってこなかった。




チーム全体として、右ウィングのディエゴ・ビセスヴァルを
使っていこうという感じだったんだろうか。
この人に良くボールが集まっていた。




とはいえ、宮市のプロ初ゴールのアシストって
ディエゴ・ビセスヴァルからなんだよね。




右ウィングのビセスヴァルがサイドを深くエグって折り返したところに
左サイドから中に入ってきた宮市が受け相手DFと1対1。
そこから、うまくかわしてボールを流し込んだって感じのゴールだった。




まあ、右サイドに攻撃が偏っていたいたため、
左の宮市の所がポッカリ空いておりました。




ウィンガーを置いていている4-3-3のフォメーションの
典型的な得点パターンって感じかな。




多分、この時が宮市のこの試合で初ボールタッチだったんじゃないか。
そこで決められた宮市はやはり持っている選手だと言わざるをえない。




ただ、この試合でよかったのはこの初得点シーンだけだったな。





その後はまだチームに合流して日が浅いっていうのも
あるんだろうがとにかくボールが来ない。





前回は攻撃の4割ぐらいは関与できてたけど、今回は2割程度って感じ。
良かったと思えるシーンは初得点シーンを含めて5回くらいしか無かったと思う。





そのうち一回はサイドから切れこんでシュートまで行けていたが、
後はサイドをスピードでぶち抜いただけ。
その部分に関してはフェイエノールトのサポーターも沸いていたけど、
そこから先のクロスで決定的な場面を作れず。




あと、守備がなぁ・・・。




プレスの寄せが本当に甘い。
右ウィングのビセスヴァルに比べても半分も
頑張っていないように見えてしまう。




それに2対1になって挟み込んだ時の守備の寄せも甘い。
せっかく左サイドバックのティム・デ・クレルが2対1の
場面を作っているのに、宮市の寄せが甘いためボールが奪えない。




寄せはするけど積極的に取りに行っていないって感じがした。




ちなみにこの左サイドバックのティム・デ・クレルは
チーム全体が右サイドに攻撃が寄っていた時でも
同じラインの宮市をうまく使って浮かないようにしてくれた
人でもあります。




とはいえ、フェイエノールトのサポーターは大絶賛ではあった。
オランダってああいうタイプの選手が好きなんだろうな。
結構な粗があったと思うがそれよりも宮市の長所を認めてくれる。
Jリーグだったらここまで伸び伸びできてなかっただろうな。












人気ブログランキングへ
関連記事
02/13|宮市亮コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント