FC2ブログ
日刊スポーツによると、フェイエノールトの宮市亮の保有権を持っている
イングランド・プレミアリーグのアーセナルにコパ・アメリカ
(日本では南米選手権ともいう)に出場する予定の日本代表招集への
協力を要請する南米連盟やアルゼンチン協会からのレターが届いたという。
宮市は現在アーセナルが保有権を持っているが、イギリスで労働するための
就労ビザの関係でイングランド・プレミアリーグではプレーできず、
オランダ・エールディビジのフェイエノールトへレンタル移籍を
してプレーしている。





フェイエノールトとの契約は今季で切れるため(フェイエノールトは延長を希望)、
招集の可否の決定権はアーセナルにあり、日刊スポーツによると
アーセナルのクラブ関係者は「監督や幹部が(招集の可否を)判断する」とのこと。






まだ、正式に決まったわけではないが、もしコパ・アメリカに日本が
正式に参加すると決まった場合、一番呼びやすい選手ではある。





もともと、フェイエノールトへのレンタル移籍は労働ビザの関係で
出場できない宮市の武者修行という面もあるが、アーセナルの
ベンゲル監督が言ったようフェイエノールトで活躍させ、
早く宮市を日本代表にさせるという面もあった。





プレミアリーグに関わらず、イギリスでEU外の外国人がサッカー選手として
働くための条件が厳しく、

FIFAランクで70位以内の国の選手であること
過去2年間、フル代表の国際マッチに75%以上出場している選手



という条件をクリアしない限り、イギリスでプロのサッカー選手として
プレーできない。





ただ、優秀な選手には特例があり認められる場合がある。





例えば、イングランドの2部のレスターに所属している阿部勇樹は
2年間の国際Aマッチ出場率75%以上という条件を満たしてはいなかったが、
南アフリカワールドカップで日本代表のベスト16の活躍に貢献したことが
認められ労働許可が降りている。





この特例、若い選手にはさらにハードルが低く宮市の場合は日本代表として
何試合か出られれば、フェイエノールトの活躍と相まって労働許可が
下りると見られている。





なのでおそらく、アーセナルも嫌とは言わないだろう。





ただ、例え就労ビザが下りたとしても今のアーセナルで宮市がプレーできる
機会があるとも思えないので、フェイエノールトとのレンタル契約の
延長という形で落ち着くんだろうと思う。





まあ、その前に日本代表がコパ・アメリカに出場するための
欧州組15人という必要参加人数が集まるかどうかが問題なのだが。













人気ブログランキングへ

関連記事
05/05|宮市亮コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント