FC2ブログ
イタリア・セリエA
チェゼーナVSインテルミラノ
1-2



長友佑都、先発フル出場。  

今回長友ととコンビを組んだのはパンデフ。
致命的に合ってないわけではないが、合ったり合わなかったりだったか。
長友は守備の方が良かったな。
攻めはちょっと自重気味だったか。





チームとしてはあんまり良くはなかったが、スナイデルがいなくて
これならまあやってる方と思っていると後半に失点。





クロスを上げられたって時点で長友も批判材料にはなるだろうが
あのセンターバックの守備はなんだろうな・・・。
普通、挟むようにして一人がボール、もう一人が人を見るもの
なんじゃないのかい。
失点のシーンは二人ともボールに行っちゃってるよ。





失点後、いつものごとくエトーが左に貼り出してくる。
エトーが左に張り出すと長友は守備しかやることなくなる。
結果、長友はほとんど攻撃に関与できず。





ただ、時間が経つに連れて長友も積極的にオーバーラップはしていた。
エトーはパスしてくれなかったけど。





チェゼーナは守備が良かった上にゴール前を完全に固めていたため
インテルに攻め手がない。





ゴールを割るためにインテルはいろいろやっていたのだが、
最後の方はCB(ルシオ)が前線でキープして前に張っているSB(マイコン)にパス。
それをSB(マイコン)がダイレクトでそのCB(ルシオ)と逆サイドのSB(長友)に
向けてクロスというものすごいカオスなことになっていた。






チェゼーナはしっかり守っていてインテルに攻め手がない。
そしてインテルはカウンターに行くにもスピードがない。
インテルはアウェーで弱いしチェゼーナは大物には強いしという90分間。
本当に90分間はつまらん試合だなと思っていた、90分過ぎるまでは。






事件は90分間過ぎの5分という長めのロスタイムに起こる。
インテルは放りこみに切り替えてロスタイム5分の間に
パツィーニが2点を決めて逆転。






まさかこんな勝ち方するとはねぇ・・・。






まあ、放りこみに切り替えて逆転って時点でインテリジェンスの
欠片もない勝ち方ではあるが。






インテルは攻撃の時にもっと組み立てられればなぁ。
普通にやれば普通にものすごい強いんだけど、
その普通がなかなかできない・・・。






<








人気ブログランキングへ


関連記事
05/02|長友佑都コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメント:

管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント