FC2ブログ
日本01VS00パナマ


シンプルに言えば前半がもったいなかったなぁという感想。
一言でいえばサイドバックの選手2枚をウィングバックに使った弊害、
つまり5バックになりやすいということがもろに出てしまったなと。

サイドバックの選手がウィングバックに入るといつもの感覚でポジションを
後ろに置きがちになり、結果的に攻撃時に5バックになりがちになるというのは
森保監督の日本代表では何度か観てきた。

こういう場合は意図的に前にポジション取らせないと後ろが5バックになり
プレスに行きたい時に何か一人足りないというちぐはぐな感じになる。

後半のように原口みたいな普段から中盤でやっている選手を入れると
感覚的に前にポジションを取るのでバランスがちょうど良くなる。

片方を攻撃的な選手を入れてどっちかのサイドを高く取らせてバランスをとるか、
長友と室屋のコンビでも意図的に高くポジションを取らせるかしていればだいぶ違ったものに
なっていたのだろうなとは思う。

最適解を得るための必要な失敗の時間だったのかもしれないが、
前半のうちに後半の内容ができていればね。


また後半のように3バックで人をしっかりと捕まえられていれば、
両サイドを高くできて前からプレスに行ける人数が増えて
あんなにボールを回される事も無かったろうにとは思う。


それに加えて前半は後ろの5人プラスボランチがボール縦に出さないので横パスばかりで
渋滞を起こしていたが遠藤が入った事でシンプルに前にパスを入れていたの攻撃が活性化した。


正直言って前半は臆病な5バック、後半は勇敢な3バック戦ったという感じ。
臆病なという言い方は悪いかもしれないがこのやり方は否定しない。
ただ、やり方のかみ合わせが悪い方に出てしまったなとは思う。


パナマは弱くもなかったが強くもなかった。日本がパナマを強く見せるようなサッカーをしてしまったというのが正しいのだと思う。


まあ、ほぼサブ組中心でその中での選択肢で選んだというようなスターティングメンバーだったので仕方ない
といえば仕方ない。


ただ、地上波で多くの人が観るであろう試合でああいう内容になってしまったというのは本当にもったいないという感想しかない。
後半みたいな内容をやればできるのだからなおさらだ。
11/14|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本00VS00パナマ


何というか、相手に対してフィットしないサッカーしていたなという印象。
パナマがボールを持ってというか意図せず持たせたというのが正しいか。


守備時に5バックになって守っちゃうので前からプレスに行くと人数が足りないくなる。
ガンガン行っても後ろが5バックで重たい分だけプレスの時に数的優位が作れず
相手の方がボールを持つ余裕ができているというところか。


こういうサッカーもありっちゃありだと思うが、それは相手が日本よりあきらかに強い時ならだ。


どうすればいいかというと、まず守備時でもウィングバックを高く
ちゃんと3-4-2-1のフォーメーションを維持してプレスに行く。


そして3バックのサイドの植田と板倉のどちらかが上がってウィングバック押し上げて
パスコース作るという事をしないと、裏一発狙いになってしまうなと。


3バックは人が常に余っている状態なのだからボールを持ったらボランチの位置まで上がって
攻撃に関与するというのは有りだと思うが後半どうなるか。


11/14|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
発表されたスターティングメンバーは以下の通り。


     南野
三好       久保


長友 柴崎 橋本 室屋

 板倉 吉田 植田

     権田

3-4-3?かもしくは

     南野
三好       久保

  柴崎   橋本
     板倉

長友 吉田 植田 室屋

     権田

4-3-3?


どちらだろうか?
柴崎がトップ下というのも考えられるが。


いずれにせよ相手が相手なのでターンオーバーの裏側だと思われる。
前回出番の無かった選手はチャンスなので是非ともアピールしてほしい所だ。
11/13|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本サッカー協会は今月にオーストリアで行われる国際親善に臨む日本代表メンバーを発表した。


発表されたメンバー以下の通り。

GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント・トロイデン/ベルギー)

DF
長友佑都(マルセイユ/フランス)
吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
室屋成(ハノーファー/ドイツ)
植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)
板倉滉(フローニンゲン/オランダ)
冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
菅原由勢(AZ/オランダ)※初選出

MF
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(レガネス/スペイン)
遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
橋本拳人(ロストフ/ロシア)
南野拓実(リヴァプール/イングランド)
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
三好康児(アントワープ/ベルギー)
堂安律(ビーレフェルト/ドイツ)
久保建英(ビジャレアル/スペイン)

FW
鈴木武蔵(ベールスホット/ベルギー)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)


注目は両サイドバックとFWにまでボールをつなげるためにどういう方策を取るかという所だろうか。


まずは両サイドバック、右は酒井宏樹とメキシコの因縁みたいのを前に書いたので
左について。


この陣容だと「今」のとあえて鍵括弧を付けるが中山が一番手なのかなという気がする。



長友が長らく体調不良を患っており試合に出ていない。で、次がまだ経験の少ない菅原となると
必然的に中山かなと。


まあ、中山の使うとなると必然的に守備重視になると思うので、左サイドハーフの役割が攻撃に寄らないとバランスが取れずに左サイドの動きが無くなる。さて、前のポジションはどうなるか。


次にFW。
今回は大迫がいない。
鈴木も浅野もポストプレーが得意な選手ではない。
鈴木は多少できるがそれだと彼の良さが死ぬ。
浅野は言わずもがな。


ということは必然的にやり方を変えないと前線が機能しなくなる。
そこをどうするか。まあFWの特性に合わせてできるとは思うのでそこを期待したい。


さて、日本代表は13日にパナマ代表、17日にメキシコ代表と対戦するわけだが、
パナマ戦に関して民放でやるらしいので観れるのだが、メキシコ戦はNHKBS1でやるとのこと。
しかも試合開始が朝五時。


期待していた試合なのだが私はBSを見れる環境にないので観れませぬ。
残念だ。
11/05|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント