FC2ブログ
ちょっと状況が不透明にはなってきたが11月にはメキシコとパナマとの代表戦の予定がある。
日程的にはパナマ戦11月13日、メキシコ戦が11月18日にある。



今回の話のタネにしたいのはメキシコとの代表戦。



個人的にメキシコとの対戦で記憶に残っているのは2012年のロンドン五輪の準決勝戦と
2014年に行われたコンフェデレーションズカップの予選での試合である。


どちらも負けたわけだがこの2試合、個人的に悪い意味で印象に残っているのが酒井宏樹だ。


まずはロンドン五輪。
この試合は1-3で日本の五輪代表が負けたのだが、
問題は1-2になっていた時点でメキシコの五輪代表が露骨に引いて
守りを固めてきてからだった。


当時の日本の五輪代表は時間が無くなるにつれてパワープレイに切り替えて行った。
たしか今は浦和にいる杉本健勇を入れてディフェンスラインからボールを入れるという事を
やっていたわけだが、右サイドバックをやっていた酒井宏樹も右サイドから当然のように
ボールを放り込もうとしていた。


メキシコはラインを下げてゴール前を固めていたためある程度まで高い位置まで侵入して
クロスを上げる状況はできていた。


だが、酒井宏樹は満足なボールをほぼ上げさせてもらえなかった。
クロスを上げようにもMFにコースに入られてほとんどが空中に
上がることなく引っかかって終わったように記憶している。


私は相手が引いてスペースがある中で右サイドバックがパワープレイで放り込む時に
ボールすら上げられずターゲットに届けることさえできない事を何度も繰り返させられるというのを始めた見た。
当時の酒井と対面で守っていた選手とのとんでもない差をみせつけられた瞬間でもあった。


これがメキシコとの対戦で酒井宏樹の見せた攻撃での悪い印象。



次はコンフェデレーションズカップでの酒井が見せた守備での悪い印象。
この試合でも酒井宏樹は右サイドバックで先発で出ていたわけだが、
試合中の酒井は終始、裏を狙われては突破され、ドリブルで侵入されて抜かれと、
好き放題にやられていた。


この試合では酒井のいる右サイドを明確な穴として狙われた。
少なくとも当時の酒井は懸命にはやっていた。だが圧倒的なレベルの相手にただただ好き放題にやられるという
人によっては再度立ち上がることができないレベルで徹底的にやれていたと記憶している。


ということでまあ、酒井宏樹とメキシコとの思い出というのはこういう悪い思い出しか無い。


だが、時は流れた。


攻撃でなにもやらされてもらえなかったロンドン五輪からは8年、
守備でメタメタにやられていたコンフェデレーションズカップからは7年の時が流れた。



当時の酒井宏樹を知っている身としては今の酒井宏樹は別人かと思うくらいの選手となった。


若いころに比べて攻撃面では控えめな所が多い気がするが引き出しが増えた。次に守備だが特に対人に関しての守備は
30歳の今がまさに選手として円熟期といっていい。
安定感という意味では日本代表の中ではトップスリーに入る信頼できる選手だ。


11月18日のメキシコ戦が通常通り行われるのであれば私が思う個人的な一つの見どころは
今の酒井弘樹がメキシコとの試合に出場した場合、当時の選手とは変わってしまっただろうが
かつて苦杯を舐めさせられた国にどんなパフォーマンス披露し、どんな結果をもたらすだろうかという所だ。


試合当日までに何があるかはわからないので、
メキシコ戦で酒井宏樹が出場するかなんて10月25日の時点ではわからないのだが、
もし実現できるのであればメキシコ戦では非常に期待したい一つのアングルにはなる。


そんな一つの観方を持って当日まで楽しみにして待ちたい。
10/25|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本代表チームのオランダ遠征を終えての簡単な感想と今後の展望を書いておこうと思う。


まずは今回の日本代表のディフェンスについて。
正直言って強く上手くなったなと。


2戦とも反省点としていくつかポカはあったしミスがらみでの危ない場面も無くはなかったが、
それを受け入れたとしても全体的にはここ2戦のDFの守備が本当に良かった。


特に対人での守備はやはり目を見張るものがあり吉田と富安のセンターバックと右サイドバックの
酒井と室屋の対人守備はほぼ完ぺきだった。またボランチ遠藤も対人が強く守備に安定に一役買っていた。


また時に見せた前線からのフィジカルで跳ね返せられていてからもしつこく人に着く守備もみられ
守備に関しては一つレベルが上がったなと感じる。


ただ守備がこのレベルに守備になってくると今後の新規の参入が難しくなってくる気がする。
少なくともディフェンダーに関しては室屋レベルの対人の強さが今後は最低限は求められると思われる。
このレベルの対人守備ができる選手となると相当限られてくる。


私はヨーロッパ組とJリーグ組の差というのは攻撃面では届かないような差は感じていないのだが、
DFだけでなくそれより前のポジションでの守備力という意味ではちょっと差が出てきたように思う。

おそらくだが選手が万全であった場合、守備的ポジションに関してはセンターバックに関しては枠が一つあるか無いか、右サイドバックはほぼ無し。
ボランチに関しては遠藤と今回参加できなかった遠藤同様に人に強い橋本で埋まる。

Jリーグ組で狙えるポジションとしてはボランチのもう一方と左サイドバックだけかとも思われる。


ボランチの一角に関しての筆頭は柴崎だが今の所ちょっと不安定であり、まだ人も他にいないのでJリーグ組でも狙える余地がある。ただ、このポジション、所属チームでインサイドハーフをやっている堂安が割り込んでくる可能性がある。
そこでのパフォーマンスも悪くないのでこのポジションに入ってくるとちょっ厳しめか。

明確に足りないと感じたのは左サイドバック。ここが一番狙い目だがコートジボワール戦で
中山が攻撃面では物足りなかったが守備ではかなりのレベルでこなしていたので今後は一番手になるかもしれないが2番手がいない。ここだけかな。本当に守備的ポジションは厚くなったものだ。

一方の攻撃面。
こちらはまだJリーグ組に付け入る隙がある。


主な理由は攻撃時の完成形がまだできていないからだが、その分だけ参入余地がある。
試合を観た限り特にチャンスがありそうなのが左サイドハーフ。
ここは今の所Jリーグの選手でもレギュラーを狙える可能性が高い。
具体的に名前を出すと神戸の古橋、横浜FCの松尾、川崎の三笘なんかは普通に狙えると思われる。

攻撃面はまだ形ができていないのでJリーグの選手には発奮してほしい。

さて、すでに11月もメキシコと対戦が決まっている。
つぎもちょっと国内組を連れて行くのは難しいかもしれない。

守備の形は見えてきたので次は攻撃に手を付けると思われる。
それを差し引いても次は攻撃面で期待したいものだ。
10/15|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本01VS00コートジボワール

ロスタイムにセットプレーで勝ったわけだが、
ストレスはあったがなかなか面白い試合だった。


この試合で気になったの事をいくつか。


まず一つ良かった所、守備が堅かった。
センターバックの二人は元よりサイドバックの室屋と中山が良かった。
中山はともかく室屋がコートジボワールのゴリゴリのフィジカルで
向かってくる相手に対して対人で結構勝ててたのは驚いた。
守備という意味では右の二枚は今後固いのかなとは思う。
攻撃という意味ではちょっと足りなかったが。


その2、中山の左サイドバックも良かった。けっして速さのある選手ではないが守備に強く、
攻撃では気が利くサイドバックのプレーをしていた。そして左利きというのも良い。
攻撃面では上がり3作る7という割合のディフェンス面に強い
ポゼッションにかなり寄ったサイドバックではあったが、前のポジションの選手が
かなり攻撃に比重を置いても彼ならカバーは出来ると思われる。
元々薄い左サイドバックにこの選択肢が出来たことが大きい。



次はちょっと気になった攻撃面。
基本的には攻撃陣も個々の持ち味は出せていた思うがあと一つ足りない。
褒めたい所なんだがこのレベルの相手だと各々もう一個何かを身に着けないとちょっと厳しいかもしれない。


いくつかあったが一つ一つ書くと長くなるので、その中で期待を込めて鎌田の事を書こうか。
ゴール前の足元に出た時のボールの動かし方、シュートまでの形、
その1歩前までは良いが、これより上に行くので
あれば最後の所で中に切り替えるキレが欲しい。


鎌田には2度ほど決定機があったが最後の切り替えしの所で外側に逃げていたのが気になった。
1度目はコートジボワールのDFに完全に外に追いやれていた状態でのシュートを打たされていた。
2度目は枠まで飛んだがやはり外側に切り替えしていた。
ここで中に切り替えせてシュートが打てれば点が取れるようになるんだろうなとは思う。
センスは存分にみせていたので鎌田がこれ以上、
上に行きたいのであればここをクリアできるかどうかだろうなとは思った。



この試合を総括するとディフェンスに関しては危なっかしい所もあったが
カメルーン戦も含めてこのレベルの相手にこんなに固く守れる日本代表を見れる日が来るとは思わなかった。
また層の薄いと思われていたサイドバックに計算ができそうな選手が現れたのも大きい、
ただこれはもう少し試合数を重ねて観察しないとわからない。


今回は一年ぶりの代表戦なのでこれ以上というのは贅沢かもしれないが、
やはり攻撃は物足りない。ただこれは個々で上げていかなければいけない問題な気がする。



まあ、10月なんて欧州シーズンの序盤。今後、各個人で調子を上げていければ
だいぶ改善されていく問題だと思われる。
どんな境遇であろうとやはり試合に出て調子を上げていかないとね。


それにしてもなんやかんやでグダグダになったとしても、やはり代表戦はいいね。
10/14|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本00VS00コートジボワール


なかなか見ごたえのある前半。


今回はギャップを作らせず。
上手く前からプレスがハメられていた。


何人ものの選手が対人で五分かそれ以上に勝てていたのは驚いた。


ここまではポジティブな内容だったと思う。
やや、ラストの所が雑なのは気になったが。
10/14|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
発表されたスターティングメンバーは以下の通り。


    鈴木

久保 鎌田 伊東

  柴崎 遠藤

中山富安吉田室屋
   
   シュミット


スターティングメンバーを見た時に、ん?となったが伊東がいて室屋がいると考えた時に
まさか3バックで左ウィングバックが室屋はないのだろうなと思い、こういう並びを予想した。


ただ、3バックの可能性もある。
さてどうなりますか。
10/13|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本00VS00カメルーン


感想としてはやることはやった、最後の精度と練度が足りなかったという感じ。
まあ、ゆるっとしていた感じは課題だが良くやれてた方だとは思う。


監督も選手もやることはやった。


前半は4バック、後半に入って3バック。
ちゃんと相手のやり方に対して能動的に対応したのは評価はしたい。


ただ、この短い合流期間ではちょっとコンビネーションの所で拙さは出たが
最後の所は個の力ででチャンスは作っていた。


あとは個人のパフォーマンス。
始まる前は中山の心配をしていたら、観終わった後は柴崎の方が心配になってしまった。
大迫の調子も良くはなかったかな。


結局は試合に出ている選手の方がより良かった感じがしたので
最後の所が個まかせなら調子がいい選手を使った方が良かったでは?というのが
観終わった後の感想だろうか。


まあヨーロッパのリーグは始まったばかりだし
それはこれから個々で仕上げていくしかないだろうなとは思う。
10/09|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本00VS00カメルーン


久しぶりに見た日本代表の試合のここまでの感想は
なんかゆったりとした試合だなと。


切り替えの速さみたいなものがちょっと感じられないなと。


ただ観てる限りだと前半25分くらいまでアフリカ特有のフィジカルの強さという物に
手を焼きまくっていたが、それ以降は慣れてきたというのものあったのだろうが、
しつこく体を付けて自由にさせないという相手のフィジカルに何とか食らいつく守備に
なっていくようになるとボールを取れるようになり、ゴールに近づく場面も増えた印象。


それは評価できるのでこのまま後半も行ってほしいものだ。
10/09|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
発表されたスターティングメンバーは以下の通り。


    大迫

原口 南野 堂安

  柴崎 中山

安西富安吉田酒井

    権田


ぱっと見で変わり映えしないなーとは思うが
1年ぶりだからそういくだろうなとも思う。


個人的な注目は中山か。
コパアメリカの時はちょっとボランチとしていろいろ問題があったが、
それ以降ちゃんと改善されているかどうかというところ。

あとは堂安のプレイスタイルがどうなっているかかな。


万全なように見えてちょっとしたことでバランスが崩れる感じも何となくある。
10/09|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
明日には1年ぶりとなる日本代表戦があるわけだが
個人的に気になった事を。


まず事前のアクシデントで岡崎と長友が参加を辞退。


これで一番わかりやすく注目ポイントになるのが左サイドバックがどうなるか。
とりあえずの一番手は安西幸輝になるだろうと思う。
もともと層の薄いポジショニングだったが安西一人になってしまった。


このバックアップをどうするか。


菅原って左で使えただろうか?
そうでなければ酒井が所属クラブで左サイドバックの経験があるのでそこに回すか?
個人的には中山雄太を左サイドバックで使えたら面白そうな気がする。


で、もう一つ気になったのがもう一つ前のポジションの左サイドハーフ。
良く見れば専任でやれるのが原口しかいない。


ここは左サイドバックに比べ国内の方にも目を向ければ人材はいる方だと思うので
将来的な心配はないが今回に限っては薄いといわざるを得ない。
せめてもう一人ぐらいは計算できる選手が欲しい所。
それが誰になるのか。



あとはセンターバックの組み合わせがどうなるか。
富安吉田の組み合わせは固いが他の組み合わせも観てみたい。



ここら辺が今回の欧州遠征の気になっているところだろうか。
そこら辺を含めて今回の日本代表戦を観てみようと思う。
10/08|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本サッカー協会は10月1日オランダ遠征に臨む日本代表メンバー25名を発表した。


発表されたメンバーは以下の通り。


GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
室屋成(ハノーファー/ドイツ)
吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
板倉滉(フローニンゲン/オランダ)
長友佑都(マルセイユ/フランス)
安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
菅原由勢(AZ/オランダ)

MF
遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
柴崎岳(レガネス/スペイン)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
堂安律(アルミニア・ビーレフェルト/ドイツ)
久保建英(ビジャレアル/スペイン)
南野拓実(リヴァプール/イングランド)
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
三好康児(アントワープ/ベルギー)

FW
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木武蔵(ベールスホット/ベルギー)
岡崎慎司(ウエスカ/スペイン)


この情勢下で日本から選手を連れていけない状況のため
全メンバーが欧州クラブ所属選手のみとなった。


他国への移動が規制されているセルビアの浅野とロシアの橋本は選外となり
初選出は菅原由勢。


選出メンバー的に3バックもあるかなと思ったが森保監督は4バックで行くそうだ。


そうするとボランチと左サイドバックが足りなくなりそうなのでそこをどうするか。


個人的な注目は堂安をどこで使うか。
右サイドは久保もいれば伊東もいる。
所属チームではインサイドハーフでプレーしており、
もしかしたらボランチでの出場があるかもしれない。


10/01|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント