FC2ブログ
発表されたメンバーは以下の通り。


GK
小島亨介(アルビレックス新潟)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
谷晃生(ガンバ大阪)

DF
渡辺剛(FC東京)
町田浩樹(鹿島アントラーズ)
立田悠悟(清水エスパルス)
岡崎慎(FC東京)
古賀太陽(柏レイソル)
橋岡大樹(浦和レッズ)

MF
相馬勇紀(鹿島アントラーズ)
森島司(サンフレッチェ広島)
田中駿汰(大阪体育大)
遠藤渓太(横浜F・マリノス)
旗手怜央(順天堂大)
食野亮太郎(ハーツ)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
田中碧(川崎フロンターレ)
菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
齊藤未月(湘南ベルマーレ)
田川亨介(FC東京)

FW
小川航基(水戸ホーリーホック)
上田綺世(鹿島アントラーズ)


ベストメンバーは集められなかった模様。
1.5軍といったところか。


ということは今回は23人なので、
東京五輪の枠が18人。


ここで5人落ちると思いきや、さらに
最大3人のオーバーエイジも絡んでくるので
15人。


しかも、今回は久保や堂安などがおらず、
今回のU-23選手権に常時出場できたていた
メンバーが濃厚になると思う。


出場を目指す選手にとっては
相当に狭い門だ。


しかし、クラブ事情など仕方がないこととはいえ
ベストメンバーでみたかったなとは思った。
12/29|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
U-22日本09VS00U-22ジャマイカ



選考試合という以外は特に意味はないという試合。



今日出場できた中で東京五輪代表に選ばれる可能性が
あるのは3~4人というところか。


U-23アジア選手権に出場できた選手が
中心になるという感じじゃ無いだろうか。


そこに引っかかる選手を選出する意味しか
無い試合だったなと。
12/28|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
U-22日本05VS00U-22ジャマイカ



一言でいえば緩い相手だなと。
プレスが弱いというか効いてないので
好き勝手出来る。



ただ確実に言えることは、少なくともE1の代表よりは
3バックのメカニズムがあった。


今はそれくらい。
12/28|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
スターティングメンバーは以下の通り。


     前田

  安部   旗手

東         長沼

   中山 松本

 瀬古 岡崎 岩田

     山口



今日の試合は一言でいえば東京五輪のメンバー「候補」に
入るための選考試合。

さて、どんなもんでしょか。
12/28|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
韓国01VS00日本


サイドを使われ空いたバイタルエリアでズドンとやられた。


うーん、この試合を一言でいえば、
日本にスペシャルなものを感じなかったなと。


後半サイドでの勝負で見せ所はあれどそれくらい。


鈴木武蔵に2列目特性は無いな。
おさめられどシンプルに前に出せばいい所を
止めちゃうので前に推進力が出ない。


あそこで使うならトップで使った方が彼のためには良いと
思うが。それか思い切って2トップにしちゃうか。


今回の大会、A代表の2番手くらいの選手とU-22組を
使ったわけだがちょっと中途半端になったかなと。


結局、この大会を通して3バックの良さは見えず。
3バックなのだから両サイドをワイドに使えばいいものを
活用できず、かといって中盤の6という数的優位を生かした
パス回しができたわけでもない。



大島も良くはあったが逆サイドを見れないんだよなあ。
狭い所を点で出すパスは強いが3バックの優位を生かした
逆サイドの一発というパスが出せず。


結局は個人の能力頼みのサッカーに終始。
これはフルメンバーの場合でも言えることだが。


先週見出すという意味はあまりなく、
U-22組から引き上げるという意味でもどうだったのかと。


まあ、初お目見えの選手を集めてリカバリを含めると、
満足な練習をできる日程なんてこの大会通して飛び飛びで3日か4日くらいしか
なかったと思うので仕方が無いが、なんか中途半端になってしまったなと。
12/18|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
韓国01VS00日本


前からのプレッシャーが上手くかからない。
ボールが保持できない。
保持できても効果的な縦パスが入れられない。
勝負に行かない。


ほんのちょっとの所なんだけれども、
あと少しプレスに行けたらとか、
特にサイドで勝負に行けたらとか、
あと一歩のところが行けない。


ほんの少しの事なんだけれども。


後半は狙いに行ける大島が欲しいなあとは思った。
12/18|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
発表されたスターティングメンバーは以下の通り。


     上田


遠藤 森島 鈴木 橋岡


 井手口  田中碧


佐々木 三浦 畠中


     中村



見所は3バックの佐々木と畠中。
韓国が逆サイドから対角線上にクロスを上げられた場合、
どう対処するか。


ここで耐えられないとずるずるやられる一方になりかねないし、
バイタルエリアからズドンというシュートを決められそうだ。


少なくとも中国戦のようにやられるようだと、はっきり
いって困難な状況になりかねない。


あとは、田中碧かなぁ。
彼は120%の力を出せとは言わない。
いつも通りの力を出せば十分。


このメンバーでアウェイという状況だと
7:3で韓国有利と思うが、どうキープして
ゴール前まで行くか、かと。
12/18|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本05VS00香港


うーん。
得点以外は見所の無い試合。


大島は時間を追うごとに良くはなってはいたが、
一個あったけれど逆サイドのウィングバックに一本で
通すパスあったがもっと見たかった。というより
もっと幅を使ってほしかった。


まあ、即席チームだからその時に強い部分に寄るのは仕方が無いが、
大島はキーパス、ラストパスを狙い過ぎる。
それが悪いとは言わないが、どうみても今日の中心は
大島だったのでもっとゲームを作る意識、
自分がチームの中心にいてチームを回しているという
意識が欲しかったかなと。



田中碧に期待をしていたのだが、ちょっと緊張が勝ってしまったのかなと。
前に行く意識が薄くポールを受けてもノッキングのバックパスが多かった。
良いものをもっているが今日は出し切れなかった。
もっと大島とのパス交換を多くして、ギャップを作って
前に出すという形でチームに関与できれば
良かったのだが今日はそうはならなかった。


小川は得点ばかりが言われると思うが、前半はまあまあ
ポストプレーが良かった。前半のあまりよろしくはないパス回しの中で、
彼のポストからチャンスを作れて局面を打開していた。
後半は得点以外目立たなかったが。


仲川について。
仲川はフォーメーションの中でポジションを
見つけられず漂っていたという感じ。
4-2-3-1のウィングだったらまた違ったんだろうが、
何が正解かわからないまま試合が終わってしまったな
という印象。


こんな時こそ、狭い局面で勝負できる森島が欲しかった。
左サイドで作れる森島がいれば中国戦の得点のように
左で作って右から飛び込むという形もできたし、
右にスペースもあったろう。


だが、それを言っても仕方なし。
同ポジションには何人も壁になっている選手がいるので
出れるときに何かを残さないと次が無い。
それは本人が一番わかっているだろうと思う。


まあ、個別に見る以外は意味を見いだせない試合だったなと。
12/14|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本04VS00香港


点差はついた。


だが個人的には残念な部分が目についた。


それはゲームの組み立ての部分。


時折、良い形を作れることもあるが、
それはほとんど個の部分で作った形。


DFラインから組み立てて、ギャップをついて
チャンスを作るという場面が殆どない。


原因としては低い位置で組み立てている時の
ボランチから良いボールが配給できていない。
高い位置で持てるときは良いのだけれども。


普段見ている川崎コンビの質からみると今日は
ちょっとよろしくないかなと。
12/14|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
スターティングメンバーは以下の通り


      小川

   田川   仲川

菅 大島  田中碧 相馬

 古賀 田中駿 渡辺

      大迫



並びはこんな感じかな。


注目はやはり仲川か。
ただ、マリノスとは違いDFから良い縦パスが入るわけでは無いと
思うので大島と田中碧から良いパスが入ると
活躍できるかなと。
12/14|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント