FC2ブログ
北海道コンサドーレ札幌03VS03川崎フロンターレ
                4PK5

前半、序盤は攻撃の札幌、守備の川崎という構図。
サイドを幅広く使う札幌の攻撃に川崎が後手に回る。



札幌は開始から強度をかけて守るという約束だったのだろう。
ガンガン前から言ってボールを取りに行き、ボールを保持したら
サイドに展開して勝負という形が徹底してた。


札幌の先制点はまさにその形、白井が上手く川崎の車屋を
ドリブルで剥がしてクロスを入れてジェイが上手く潰れてというか、
マークを密集させ、空いたスペースに逆サイドの菅が決める。


点を取ってからの札幌は守ってカウンターという形になり、
それに対して川崎は失点からか攻めあぐねていたというよりも、
ちょっと消極的な場面が目立った。


ボールを保持せど、守る札幌の嫌な所にボールを
入れられない。消極といったのはまさにこの点で、
良い時の川崎のように相手の嫌な所にボールを付け、
どんどん前に進出していくという場面が前半はちょっと少なかった。


少なかったが川崎がコーナーキックから得点。
あまりいい流れじゃない中での得点、しかも
前半終了間際だった。このままずるずる行きそうな気が
したのでまさにグッドなタイミングでの得点だった。


と、こまごまと説明できるのはここら辺まで。
そこから先は凄まじい試合になった。


多少は動くかなとは思ったが、
まさかここまでとは。



一つ一つを細かく言えば長くなってしまうので
ざっくり書くが、札幌が前半飛ばした反動からか
川崎がボールを保持できるようになり、
先に川崎が点を決める。
が、後半終わりに札幌がGKが上がった決死の
コーナーキックから同点。



延長前半に川崎の谷口がゴール前でファウル。
イエローカードかと思いきや、VARが入り
決定機を阻止したとしてレッドカードに変更。
なんとも珍しい形でVARでのカード変更で退場。



そこで得た札幌のフリーキックで福森がすごいキックを決め
勝ち越し。ところが延長後半4分、川崎のCKから
小林が決めて同点。


3-3でPK戦に突入して川崎が一つ止められるも
逆に札幌の4番目と5番目を止めルヴァンカップを
初制覇。


すごい試合だった。
ルヴァンカップでここまでの死闘というのは、
ちょっと思いつかない。


ここまでの試合をした両チーム、どちらが良くて
どちらが悪かったわけでもない。
時間経過の中の波はあったが、試合を通じてみれば
どちらも良かった。


この試合だけでいえば差なんてなかったと思う。


ただ、ほんの少しの運・・・いや、運じゃないな。


PK戦の結末を見る限り、
川崎の経験がほんの少しの味方をしたというのが
正しいんじゃないだろうか。



そしてそれは本当にほんの少しだった。



札幌にとっては悔しい結果になってしまったが、
これの悔しさをどう生かしていくかの方が問題だ。
なぜなら北海道コンサドーレ札幌の歴史は今日で終わるわけじゃない。
これからも続いていくのだから。
そしてその道の過程の中で積み重ねるという中でしか
経験は得られない。


そう意味では今回のPK負けも長い歴史の中で
積み重ねれていく経験の一つなのだろう。




最後に川崎フロンターレの選手、関係者、サポーターの
みなさん、ルヴァンカップ初優勝おめでとうございます。
10/26|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ヴィッセル神戸01VS03FC東京


いろいろな影響からか、戦術的な判断化はわからないが、
東京がいつもの4-4-2のフォーメーションから
4-2-3-1に変更。


トップ下の高萩が神戸のサンペールをみていて抑えていたので、
戦術的判断だったのだろうなと思うが、これが結果的に
ここ数試合マンネリ化していた東京の攻撃とプレスが活性化。


神戸はボールの供給をしているサンペールを抑えられている上に
きっちり守備をはめられ、雨でボールを上手く付けられない影響もあってか
ボールを上手く回せない。


その上、神戸は東京スローイング時の対処が甘く、そこから
チャンスを作られまくる。
東京の1点目なんかはまさにそのパターン。


神戸はDFラインがいつものメンバーから2人変わっており、
ちょっと上手くまわらなかったようだ。


一方、神戸の攻撃面を見てみると、ちょっと分断している。


神戸のフォーメーションは3-1-4-2みたいな感じなのだが、
まずサンペールが高萩に抑えられていたが、なんとか
前線までボールを回せる場面もあった。


だが、今日の神戸の問題はそこからだ。
4の位置までボールを回せても
2の位置にボールを入れられない。



この問題、前からなんとなくは感じてはいたが
イニエスタがいれば4と2のラインの間をつなぐ役割をしてくれていたので
あまり気にならなかった。
だがというべきかやはりというべきか、
今日の神戸は3-1-4と2が完全に分断していた。


ところが興味深いのが後半だ。


後半、ポドルスキが今日あまり良くなかったビジャと交代で
入ってくる。


神戸での試合に出場していた時のポドルスキは
ボールを触りたいからか、ちょっと動き過ぎで下がりすぎると
感じていた。特にイニエスタと同時出場の時は、両方ともボールを
触りたい選手なのでポドルスキのこの下がり癖のせいで
前線の枚数が足りなくなってしまい、攻撃の厚みが
無くなる場面が多々あった。とはいえ、ポドルスキが前にいるときは
決定的な場面は作れてはいたが。



ところが、今日の神戸ではこのポドルスキの下がり癖が上手く作用していた。



4と2のラインの分断しているところに下がってボールを貰いに
来るポドルスキが入ってくるので、ちょうどいい感じにつなげる
役割をはたしていた。


これで、神戸の攻撃が活性化。東京が3点取って守備的に
下がっていたのもあったが、ボールが上手く回るようになる。
そして、良い流れの中らコーナーキックで得点。



その後も終始圧倒するも東京が何とか守って試合終了。


90分保つかは別の話として
今日の試合を見るとポドルスキまだまだ必要かなとは思う。




だが、ポドルスキとイニエスタと同時期用は厳しいかなぁ。
ボールを触りたがる二人がいると前線が孤立しそうだ。
ただ、ビジャとポドルスキは合うと思う。


結局、今噂に上がっているポドルスキの契約問題は
天皇杯次第という事になりそうだ。


仮に天皇杯に優勝できればACLに出場できる。
出場できるなら日程の関係から
選手層の厚さが重要だ。


今の神戸を見ると中盤とトップをリンクできる選手が必要だが、
イニエスタは中3日の試合は厳しいというより無理のようだ。
だが、ポドルスキがいれば代わりにリンクマンになれる。



その重要性がよくわかる今日の試合だったかな。



まあ、これは神戸が天皇杯に優勝できればの話だが。
10/19|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
松本山雅FC VS 鹿島アントラーズ
けが人続出で手負いの鹿島に
松本が牙をむけるかどうか。
現在17位の松本は上が勝ち点3差で2チーム並んでいる。
勝てれば大きいが、引き分けがせいぜいだろう。
しかし引き分けでも大きい。


名古屋グランパスVSベガルタ仙台
仙台が勝ち点32、名古屋が33なので、
両クラブにとっては重要な試合。
順位が下の鳥栖がいまいち調子に乗り切れない磐田が相手なので、
負ければ降格ラインに引きずり込まれる可能性が高い。
どちらも負けられない試合。



ガンバ大阪VS川崎フロンターレ
最近いまいちパッとしていなかったが、
大島が復帰して往年の強さが戻ってきた感のある川崎。
対してガンバはいまいち調子がいいのかわからない。
順位と勝ち点的にも残留争いに巻き込まれる可能性が
高いだけにどうにかしたい所。


ヴィッセル神戸 VS FC東京
今節の最注目試合だろうなと。
東京にとっては、このまま食い下がれないようだと
優勝争いどころかACL圏内も怪しくなってきそうな、ここ最近の内容。
神戸の攻撃力だけはピカイチなのでやられる可能性は十分にある。
だが、神戸もDFの裏のスペースの対応が甘いので、逆にカウンターを
食らわせるチャンスもあればそれをできる選手もいる。
見所が多そうな試合。
10/17|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
タジキスタン00V03日本


取れて2点かなと思っていたが
思ったよりもスコアが入ったし、
あっさりとタジキスタンが崩れた。


ホームで勢いが良かったこともあるが試合中、
タジキスタンは縦を詰め横幅も狭める、
いわゆるハーフコートプレスで守ることにより
日本のパスを寸断するように上手く守っていた。



守れてはいたが前半の終わりごろから日本が人が集合している逆サイドを
狙うようになったことにより、だんだんとペースをつかめるようになり、
後半53分ごろに中島の左サイドからのクロスから南野が決めて得点。



その後は前半から鬼の形相で前からボールを追っていた
タジキスタンのFWの選手の気持ちが切れたのか、
ボールへの圧力が著しく落ち、日本のペースに。



タジキスタンは前半からあきらかに横からのボールの対処に
苦慮しており、2点目も3点目もサイド。


タジキスタンは選手を変え、勢いを取り戻し
ゴールに迫る場面も見せるも権田がナイスな
セーブをみせ、なんとか0点に抑えて勝てた。


この相手だから何とかなったが、もっとレベルが上の
相手なら決められそうな場面もあり、少し気になった。


注目していた鎌田だが、どう考えてもトップ下の選手。
前半の始めは前線に張っていたが、その後は少しずつ
FWの位置からサイドに開いたり中盤に落ちたりと
ボールに絡めるようになった。


が、交代する15分くらい前から南野がFWになって
鎌田はほぼトップ下の位置でプレイ。


プレイのコンフォートゾーンがやっぱり
トップ下なんだろう、そっちの方が生き生きしていた。


なんというか1トップから始まり、降りてくることにより
2トップっぽくなり、プレイの最後の方はほぼトップ下という
感じにポジションが変わっていったなぁという印象。


南野がポリバレントな選手でFWもできるから良かったものの、
やはり鎌田はトップ下の選手だなという感想。
FWの位置ではヘッドでもあまり競れてなかったし
ボールも収めれなかった。
それがトップ下に入ったらあっさりとボールを収めるように
なっていたのが事実を物語っている気がする。



今日の1.5列目二人のツートップくらいの時間帯のプレイを
煮詰めていけば、良い感じになる気もするが森保監督は
そこまで育てる気があるんだろうか?という疑問がしかわかなかった。


鎌田をあんな形に中途半端に使い倒すなら、トップ下で使って
他のFWを使った方が効率的にも良い気がするが。



最後に久保について。
上手いは上手いが、体格もたいして恵まれて
いない18歳の選手に多くを求めてはいけない。
まあ、長い目で見ましょう。

10/16|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
タジキスタン00VS00日本


タジキスタンの守備の出足が良かったとはいえ、
ちょっと淡泊な試合。


ピッチの状況もあるのだろうが、ボールを足に着けるところで、
苦戦している感じ。


注目の鎌田は最初こそ前線に張っていたが、
時間とともにサイドに開いたり落ちてきて南野と
入れ替わったりすることによってボールに絡めるように
なってきた。
ただ、まだちょっと物足りないかな。


ロースコアで終わりそうな予感。
10/15|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
スタメンは以下の通り。


    鎌田


 中島南野堂安


    柴崎橋本


長友吉田植田酒井


    権田



植田の起用は予想通りとして、
鎌田がワントップは意外な起用。


縦関係の変則2トップか?


鎌田がトップの位置から降りてきて、
代わりに南野が上がり入れ替わりに
なるみたいなポジションチェンジを頻繁に
繰り返す形になるか、それとも鎌田が
トップの位置で張るか。


どういう形になるか注目したい。


10/15|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本06VS00モンゴル



前半4点取ってしまったからか、
後半はちょっと緩くなってしまったかな。


モンゴルもやればできるという、前からの守備を見せていたが、
続かなかった。
最初からあれをできれば、もっと上に行けるんだろうが
体力が続かないんだろうなとは思った。
最後は交代選手以外は走れなくなっていた。


まあ、日本はそんな状況でもボールは回せてはいたが。


MVPは伊東純也。


試合前の注目点に挙げていたサイドハーフ、特に伊東の
サイドからの崩しが上手くいっていた。
そのなかで伊東は3アシストか。



今日の伊東の活躍により今後、右サイドの競争が激しくなりそうだ。


とはいえ、相手も相手だし手放しでほめる気も無いが、
ちゃんと1トップの特性に合わせてゲームを作れたこと、
相手のクロス対応があれだったとはいえ
サイドからの攻撃が効果的だったことは評価しても良いと思う。


ただ、これを上のレベルの相手にもできるかどうかは、
また別のお話だが。
10/10|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本04VS00モンゴル


ちゃんとやればできるじゃん、というのが感想。
ちゃんと出てる1トップの特性に合わせてゲームが作れるじゃん。


永井の特性に合わせてパスが出せるため、
数は少なかったが裏も狙えて、サイドに開いてという
大迫とは違うボールの引き出し方ができていた。


試合の方はというと、ちゃんと幅も使えてたし
幅を作ってから中に入るようなボール回しをして、
また開くという繰り返しにモンゴルのディフェンスが
ついてこれなくなり、段々と崩れていったという印象。


これは後半、主要な選手を代えてチャレンジするという
選択肢も出てきた。


さて、どうなるか。
10/10|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
   永井


中島南野伊東


 遠藤 柴崎


長友吉田富安酒井


   権田




永井が1トップ、伊東を右に据えた。


注目は中島と伊東の両サイドの仕掛けと
永井と南野のコンビネーションで、
おそらく引いてくるであろうモンゴルの
DFをどう崩すかかな。
10/10|日本代表コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ジュビロ磐田00VS02横浜Fマリノス


同時にやっている何試合かを引いたのが
この試合だった。



最下位というのもあってジュビロの試合は長らくちゃんとは
観ていなかったが、久しぶりに見た磐田は結構いいチームに
仕上がっていた。


縦を詰めスペースを潰し、後ろでボールを取ったらFWルキアンを
競らせ走らせ起点を作り、縦に速くというソリッドなカウンターの
チームになっていた。


観ていていい仕上がり具合とは思ったが、良い所まで行って
ゴールにつながらない。


ゴール前まではかなりクオリティが高い。
ただゴールが決まらない。


決める人がいないのか、ゴールを決めきる自信が無いのか、
精度が悪い。


後者だとしたら、それは成功体験の積み重ねていくしかないのだが、
そういう意味では遅きに失した感がある。


これがリーグの中頃であればまだ芽はあったろうが、
もう、リーグの終盤。
この形を物にするには時間が足りなさすぎる。
しかも上に行く勝ち点の積み重ねもない。


リーグ最後の方の磐田は結構なチームになっていそうだが、
残念ながらというしかないか。


ただ、この形を作れる今の監督は結構有能だと思うので
J2に落ちたとしても残すのは有りかなとは思う。


一方のマリノスについてだが東京が負けており、
首位にに1差となった。
まだ現時点で鹿島の試合が残っているので、
暫定だが優勝するも可能性が大いに高まった。


マリノスで目を引いたのはやはり仲川。
彼の外から中に切れ込んでボールをもらってシュートという形は
決定力も含めJ、いや海外含めた日本人選手の中でも抜きんでており、
代表に選ばれてもいいクオリティ。


ただ今の代表を見ると、縁の無い選手になっちゃうのかなと
思ってしまう。なんかもったいないなぁ。



10/06|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント