FC2ブログ
松本山雅FC 01VS01 名古屋グランパス


名古屋が圧倒するかに見えたこの試合、
逆に名古屋が圧倒されていた。


前半の松本の構えて守り、名古屋ボールの時に
パスを出すスペースを与えない。


しかも、名古屋のパス回しの矢印がなかなか
相手ゴール方向に進んでいかず、パス回しでは
危険なエリアにする侵入できない。


侵入できたとしても本来の武器であるパス回しでなく
個人技でなんとか迫っていくという形で何回かという
感じ。


逆に松本のカウンターが鋭く、名古屋よりもゴールに迫れていた。
松本の攻撃は開き直りかと思うほどにはっきりしていた。


ボールを持ったらボールを前に送り縦に速く、という攻撃に
所々で名古屋の守りが付いていけない場面が見られた。


ただ、いい場面は作れていても、最後の精度を欠き
ゴールネットを揺らせない。


前半だけでいえば7:3で松本のペース。


後半に入り、名古屋が盛り返し、勢い的には逆転。



ただ、こういう時に限って名古屋はカウンターの一発にやられる。
ゴールキックからキーパーを含め3人経由で30秒もかからずに松本の
永井がゴール。


それからの松本は良く守れていたし、良く潰せていた。
良く守れていたが、その松本が後半ロスタイムに
名古屋の赤崎に裏を取られて失点。


回して崩すのではなく、DFラインから裏を取って
やっと点を取るというのが今日の名古屋を象徴している気がした。


名古屋はボールを回せどゴールまでなかなか迫れず、
松本は良い試合展開に持ち込めても守り切れない。


両者の問題が浮き彫りになった試合だったといえる。

08/18|Jリーグコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
PR
プロフィール

フットはつ丸

Author:フットはつ丸
爆蹴フットボールへようこそ!


サッカーランキング にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

連絡先
リンク
最新コメント